独立したい
独立したい!

50代で起業家したい!

これから起業したいと考えている50代女性へ。夢を実現するための方法をご紹介します。

50代という年齢は、これまでの人生経験と知識を活かしながら、新しい挑戦をする絶好の機会です。

しかし、起業には様々なリスクが伴います。自分に合った職種を選び、しっかりと準備を整えることが成功への鍵となります。

果たして、50代女性が起業する際に気をつけるべきポイントは何でしょうか。また、実際に成功した方々の事例から、どのようなヒントが得られるのでしょうか。

この記事では、50代女性が起業しやすい職種の選び方と、具体的な成功事例を紹介しながら、夢を実現するための方法を探っていきます。

また、弊社はパーソナル独立支援コーチング「ビズクリアコーチング」を提供しています。

パーソナル独立支援コーチング「ビズクリアコーチング」は、独立や起業をお考えの方に特化したコーチングサービスです。

「やりたいことで生きていく」その一つの手段が「起業・独立」です

しかし、何から始めればよいのか分からず、行動に移せずにいませんか?

そんな状況から抜け出すために、起業経験のあるプロのコーチがあなたを全力でサポートします。

「ビズクリアコーチング」では、あなたの夢や目標、強み、経験を洗い出し、ビジネスプランを立てます。

自己分析・具体的な行動計画・起業のアイデア出し、事業計画書の立て方など一歩一歩実行に移していきます。

独立や起業は決して簡単なことではありません。

ですが、ビズクリアコーチングのコーチは常にあなたの可能性を信じて、人生を変えられるきっかけとなるようサポートします。現在、無料カウンセリングを実施しています。本気で起業・独立したい方はぜひLINEからお申込みください。

1.起業しやすい職種の選び方

1-1.自分の経験と知識を活かす職種

50代女性の方が起業する際、自分の経験と知識を活かせる職種を選ぶのがおすすめです。

長年培ってきた専門性を生かせば、スムーズに事業を立ち上げられるでしょう。例えば、看護師経験者なら在宅介護サービスの起業が考えられます。 自身の強みを把握し、ニーズのある分野を見つけることが重要です。

また、自分の人生経験から得た知見を活かせる職種も有望です。子育て経験が豊富なら、育児支援サービスの起業もアリですね。同じような悩みをかかえていた顧客とのつながりが生まれやすいメリットがあります。

さらに、趣味や特技を仕事にする方法もあります。手芸が得意なら、オリジナル雑貨の製作・販売に挑戦してみてはいかがでしょうか。 自分の強みを見つけ出し、それを活かせる職種を選ぶことで、起業のハードルを下げられるはずです。

1-2.市場ニーズを把握する

起業を成功に導くには、市場のニーズを的確に捉えることが不可欠です。自分の経験や知識を活かせるだけでは不十分で、実際に需要があるかどうかを見極める必要があります。

例えば、「育児支援サービス」を起業しようと考えた時、その地域で本当に需要があるのか確認しましょう。子育て世代の人口動態や、既存の同業者の状況などを調べ、ビジネスチャンスがあるかどうかを分析します。 「私が欲しかったサービス」と思い込みすぎず、客観的なデータに基づいて判断することが大切です。

また、ターゲット層のニーズを把握するため、アンケートやインタビューを実施するのも有効な手段です。 「本当に求められているのは何か」「どのようなサービスなら喜んでもらえるか」といった生の声を直接聞くことで、ビジネスのブラッシュアップにつなげられます。

さらに、最新のトレンドやニーズの変化にも目を向ける必要があります。「今は求められていても、数年後には陳腐化しているかもしれない」と常に危機感を持ち、柔軟な対応を心がけましょう。市場のニーズを的確に捉え、それに合わせて自身のサービスを進化させていくことが、50代女性の起業成功への近道となるでしょう。

1-3.必要とされる資金とリスクを考慮する

起業には一定の資金が必要不可欠です。事業の種類によって金額は異なりますが、最低限の運転資金は確保しておく必要があります。 例えば、飲食店を開業する場合、店舗の賃借料や内装費、備品費、初期在庫費など、かなりの出費が見込まれます。一方、フリーランスのクリエイターなら、パソコンとソフトウェアさえあれば始められるでしょう。

資金不足で企業を諦める前に、資金調達の方法を検討しましょう。個人の貯蓄に加え、金融機関からの融資や、クラウドファンディングなどの活用も選択肢に入ります。 また、起業支援制度を利用すれば、低利の融資や補助金を受けられる可能性もあります。

一方で、リスクについても冷静に見極める必要があります。リスクを過剰に恐れすぎると、チャンスを逃してしまいます。まずは、自分の事業がどのようなリスクを抱えているのか洗い出し、それに対する対策を立てましょう。例えば、売上が思わしくない時の対応策や、万が一倒産した場合の備えを検討するといったことです。 リスクを過小評価せず、現実的に捉えつつ、自信を持って挑戦することが大切なのです。

1-4.自己評価を行う

起業を成功に導くには、自分自身を冷静に見つめ直すことが重要です。自問自答しながら、強みと弱みを客観的に評価しましょう。

例えば、「人と接することが得意」なら、対人サービス業に向いているかもしれません。一方で、「細かい作業は苦手」という方は、製造業よりも別の分野を検討した方がよいでしょう。自分の性格や適性を理解し、それに合った職種を選ぶことで、後々のストレスを軽減できます。

また、「私には起業に必要なスキルが足りているだろうか」とも考えてみてください。マーケティングや財務管理、人材育成など、事業を軌道に乗せるための能力が備わっているか、一つひとつ確認しましょう。 不足している部分があれば、起業前に勉強会や研修を受けるなどして補強することをおすすめします。

さらに、「私には十分な熱意とやる気があるだろうか」という点も大切です。起業は決して楽ではありません。乗り越えなければならない壁は数多くあり、逆境に遭うこともあるでしょう。

「夢を実現したい」という強い気持ちがなければ、簡単に挫折してしまう可能性があります。自分なりの目標を明確にし、それに向けて情熱を燃やせるかどうか、よく吟味する必要があります。

このように、自分自身を冷静に分析し、起業に向いているかどうかを判断することが大切なのです。自己評価を通じて、自信を持って挑戦できるよう心構えを整えましょう。

2.具体的な成功事例の紹介

2-1.飲食業で成功した事例

50代女性の起業で成功する職種の一つが飲食業です。

例えば、東京都内で行列のできる人気の洋食屋を経営している山田さん(仮名)は、50代で起業に踏み切りました。以前は大手外食チェーンで長年勤務し、料理の腕と経営ノウハウを身につけていました。

独立を決意した山田さんは、自身の経験と人脈を活かし、地元で評判の良い食材を使った本格的な洋食店をオープンしました。開業当初は資金面で苦労しましたが、味と雰囲気で次第に口コミが広がり、今では行列のできる人気店となりました。

山田さんは「50代でも経験を活かせば、自分の夢を実現できます。大切なのは情熱と努力を惜しまないことです」と語っています。 飲食業は経験を活かしやすく、地域密着型のビジネスとして成功する可能性が高い職種の一つと言えるでしょう。

2-2.フリーランスのクリエイター

50代女性が起業しやすい職種の一つが、フリーランスのクリエイターです。 例えば、デザイナーの鈴木さん(仮名)は、50代で広告代理店を退職後、フリーランスに転身しました。長年の実務経験から培った高い技術力と人脈を武器に、自身のスキルを活かせる仕事を選んで請け負うようになりました。

「最初は不安もありましたが、自分のペースで仕事ができるフリーランスは、私に合っていました」と鈴木さんは振り返ります。 確かに、フリーランスには自由度が高く、スキルさえあれば年齢は関係ありません。むしろ、長年の経験から培った高い技術力が強みとなります。

鈴木さんは「50代でも、自分の経験と実力を活かせる道はたくさんあります。大切なのは自信を持ち、チャンスを逃さないことです」と語っています。 フリーランスのクリエイターは、スキルさえあれば年齢に関係なく起業しやすい職種の一つと言えるでしょう。

2-3.ネットショップ運営

ネットショップの運営も、50代女性が起業しやすい職種の一つです。 例えば、東京在住の山口さん(仮名)は、50代で会社員を退職後、自身の趣味であるアクセサリー作りをビジネスに活かすことを決意しました。

「私は長年、アクセサリー作りが趣味でしたが、それを仕事にしたいと思っていました。でも、店舗を構えるのはリスクが高すぎると感じていました」と山口さんは振り返ります。 そこで、ネットショップの開設を選択。自宅でアクセサリーを製作し、オンラインで販売するスタイルを採用しました。

最初は売上が伸び悩みましたが、SNSを活用した宣伝やSEO対策で徐々に認知度が上がり、今では安定した売上を確保できるようになりました。 「自分のペースで作業でき、在宅で起業できるのがネットショップのメリットです。50代でも十分に挑戦できる職種だと思います」と山口さんは自信を持って語ります。

このように、ネットショップは初期投資が比較的少なくて済み、在宅で起業できるため、50代女性にとって挑戦しやすい職種の一つと言えるでしょう。

2-4.教育・コンサルティング業

50代女性が起業しやすい職種の一つが、教育やコンサルティング業です。 例えば、元大手企業の人事部長だった佐藤さん(仮名)は、50代で独立し、キャリアコンサルタントとして活躍しています。長年の経験から培った人材育成のノウハウと、企業の課題を的確に捉える力が評価されています。

「私自身、50代で新しいキャリアを歩み始めたので、同じように転職や起業を目指す方々の気持ちがよくわかります」と佐藤さんは語ります。 実際、年齢を理由に就職が難しいと感じている方も多く、佐藤さんの支援は心強い味方となっています。

教育業やコンサルティング業は、自身の経験や専門知識を活かせる分野です。 「自分の長年の経験を活かせることが、この仕事の醍醐味です。年齢は関係ありません。むしろ、経験値が高いほど信頼も厚くなります」と佐藤さんは自信を持って語ります。

このように、教育・コンサルティング業は、50代女性が自身の経験と知識を存分に発揮できる職種の一つと言えるでしょう。

3.起業のステップと準備方法

3-1.ビジネスプランの作成

ビジネスプランは、起業の土台となる重要な計画書です。事業の目的、ターゲット顧客、商品やサービスの内容、マーケティング戦略、資金計画など、さまざまな要素を詳細に記載します。

例えば、50代の女性が趣味の手芸を活かしてオンラインショップを開業する場合、まずは自分の強みと弱みを洞察し、ターゲット層を明確にします。

次に、商品ラインナップや価格設定、販売チャネル、プロモーション方法などを具体的に決めます。SNSやブログでの情報発信、オンラインストアの開設、イベント出展など、複数の販路を検討するとよいでしょう。

さらに、必要な初期投資額や人件費、運営費などを見積もり、資金計画を立てます。自己資金だけでなく、補助金や融資制度の活用も視野に入れましょう。

このように、ビジネスプランでは事業の全体像を具体的に描き、実現可能性を検証します。計画を立てる過程自体が、自分の強みや熱意を再確認する良い機会にもなります。

3-2.資金調達の方法

資金調達は起業の際に避けて通れない重要な課題です。まずは自己資金の範囲内で事業を始めるのが無難ですが、十分な資金がない場合は外部から調達する必要があります。

例えば、銀行や信用金庫から融資を受けるのが一般的な方法です。事業計画書を作成し、返済能力を示すことが求められます。

また、最近では民間のベンチャーキャピタルやクラウドファンディングなど、新しい資金調達の選択肢も増えています。 自分のアイデアに共感してくれる人々から資金を募ることができるため、50代女性の起業家にも人気が高まっています。

さらに、国や自治体による起業支援制度を利用するのも有効な手段です。補助金や低利子融資、専門家によるアドバイスなど、さまざまな支援メニューがあります。 一度相談してみるといいかもしれません。

資金調達は大変な作業かもしれませんが、自分の夢を実現するための大切なステップです。前向きに取り組むことが成功への第一歩となります。

3-3.法的手続きを行う

起業には、さまざまな法的手続きが伴います。「面倒くさそう…」と思われるかもしれませんが、しっかりと対応しておけば、後々のトラブルを防げます。

まずは事業の形態を決める必要があります。個人事業なのか法人化するのか、メリット・デメリットを確認しましょう。個人事業は手続きが簡単ですが、責任の範囲が広がります。一方、法人化には費用がかかりますが、リスクを限定できます。「私には法人のほうが安心かな」と判断すれば、会社設立の手続きを行います。

次に、税務署や市区町村への届出が必要です。個人事業の場合は開業届、法人の場合は設立登記を済ませます。

さらに、業種によっては許認可や届出が別途求められる場合があります。飲食店を開業するなら食品衛生法に基づく手続きが必要になります。

このように、起業には多くの法的手続きが伴いますが、一つひとつ着実にこなしていけば問題ありません。手続きを乗り越えた先に、夢の実現が待っています。

3-4.オフィスや設備の準備

起業するなら、事務所や店舗、必要な設備を用意しなければなりません。「どこから手を付ければいいの?」と戸惑うかもしれませんが、一つずつ着実に進めていきましょう。

まずは事業の形態に合わせて、オフィスや店舗の場所を選びます。自宅を活用するのも一つの選択肢です。ただし、プライバシーの確保や防音対策など、注意点もあります。

次に、必要な設備を検討します。例えば、オンラインショップを開業する場合は、パソコンやカメラ、撮影スタジオなどが欠かせません。最初は最小限の設備から始め、徐々に拡充していけばよいのです。

さらに、事務用品や備品、ソフトウェアなども準備が必要です。優先順位をつけて計画的に進めましょう。インターネットで中古品を購入したり、レンタルサービスを利用するのも賢明な選択肢です。

このように、オフィスや設備の準備には多くの作業が伴いますが、焦らずに一歩一歩進めば大丈夫です。夢の実現に向けて、着実に歩を進めていきましょう。

4.リスク管理と資金調達

4-1.リスクの特定と対策

起業には様々なリスクが伴います。事業が軌道に乗るまでの資金不足、顧客獲得の難しさ、競合他社との競争など、予期せぬ問題に直面する可能性があります。 そのため、リスクを事前に特定し、対策を立てることが重要です。

まずは自分の強みと弱みを冷静に分析しましょう。自己評価を行い、リスクを把握します。 次に、市場調査を行い、需要の見通しや競合状況を把握することで、事業リスクを予測できます。

そして、リスクに応じた対策を立てましょう。例えば、資金不足のリスクがある場合は、家族や友人から出資を募ったり、クラウドファンディングを活用したりと、資金調達の方法を検討します。 顧客獲得が課題なら、SNSマーケティングやイベント出展など、効果的な集客方法を見つける必要があります。

また、リスクに備えて、緊急時の対応策も用意しておきましょう。「万が一、事業が軌道に乗らなかった場合、アルバイトで生活費を賄う」など、プランBを立てておくと安心です。 起業は一筋縄ではいきませんが、リスクを事前に把握し、対策を講じることで、成功への第一歩を踏み出せるはずです。

4-2.予算管理と資金運用

予算管理と資金運用は、起業における重要な課題の一つです。適切な予算管理と資金運用を行えば、そうした心配は払拭できるでしょう。

まずは、事業の立ち上げから黒字化までにかかる費用を細かく見積もりましょう。人件費、設備投資、広告宣伝費など、必要な支出項目を洗い出し、それぞれにどれくらいの予算が必要かを算出します。 そして、その合計額に対して、自己資金や借入金などの資金調達方法を検討します。資金不足に陥らないよう、余裕を持った計画を立てることが大切です。

次に、実際に事業を始めたら、予算の使い道を常に意識しましょう。無駄な支出を避け、コストを抑えるよう心がけます。一方で、広告費を削るあまり集客が滞るなど、成長を阻害してしまっては本末転倒です。費用対効果を見極め、賢明な資金運用を心がけましょう。

また、売上の一部を内部留保として蓄えておくことで、緊急時の資金源を確保できます。「この月は売上が伸びずらしい」といった時に、内部留保から支出を賄えば、資金ショートに見舞われる心配がありません。 起業は予期せぬ出来事の連続です。予算と資金の行方を常に把握し、柔軟に対応できる体制を整えておきましょう。

4-3.緊急時の対応策

起業は予期せぬ事態に見舞われるリスクがつきものです。突然の売上減少や、大口の取引先を失ったり、設備の故障や事故に見舞われたりすることも考えられます。 そうした緊急事態に備え、対応策を事前に用意しておくことが重要です。

まずは、「最悪の事態」を想定して、プランBを立てます。例えば、アルバイトで生活費を賄うなど、一時的な収入源を確保する方法を検討しておきます。 緊急時に冷静に対応できるよう、心構えを整えておくことが大切です。

次に、緊急時の資金対策を立てましょう。内部留保の活用に加え、借入れの準備も怠りません。金融機関や公的支援制度を調べ、緊急時に即座に借り入れできる体制を整えます。 また、家族や友人にも協力を求め、資金調達の道を複数用意しておきましょう。

さらに、事業の立て直しに向けた具体的な行動計画も検討しておきます。シミュレーションを重ね、対処法を事前に決めておくのです。 緊急事態に見舞われても、あらかじめ準備しておけば、落ち着いて対応できるはずです。

起業は予期せぬ困難に直面するものです。緊急時の対応策を事前に用意し、いざというときに備えましょう。そうすれば、乗り越えられない壁はないはずです。

4-4.資金調達の多様化

起業には多額の資金が必要となります。事業を軌道に乗せるまでの期間、人件費や設備投資、広告宣伝費など、さまざまな支出が発生します。

まずは自己資金を活用しましょう。貯蓄から一定額を充てるのはもちろん、不動産や株式の売却なども検討できます。 次に、金融機関からの借入れです。銀行や信用金庫に加え、最近では特化した投資ファンドからも資金を調達できる時代になりました。

さらに、クラウドファンディングなどを活用するのも一案です。自分の事業プランに共感した人々から出資を募ることができ、資金調達と同時にファンづくりにもつながります。 公的な支援制度の活用も見逃せません。自治体や国の助成金制度を利用すれば、有利な条件で資金を調達できる可能性があります。

「私には資金がない」と諦める前に、まずは資金調達の選択肢を幅広く検討してみてはいかがでしょうか。複数の方法を組み合わせることで、必要な資金を用意できるかもしれません。資金面での不安を一掃し、夢の第一歩を踏み出しましょう。

5.マーケティングと集客方法

5-1.デジタルマーケティングの活用

デジタルマーケティングは、50代女性の起業家にとって非常に有効な手段です。 従来のマスマーケティングに比べ、コストを抑えながら、ターゲットを絞った効率的な集客が可能なのが最大の利点です。

まずは自社のWebサイトを作成し、商品やサービスの情報を発信することが重要です。 そこから、SEO対策やSNSマーケティングを行い、ターゲット層への認知度を高めていきます。

さらに、メールマガジンの配信やオンラインセミナーの開催など、デジタルツールを活用した顧客とのコミュニケーションも重要になってきます。

このように、デジタルマーケティングは低コストで効果的な集客が可能なだけでなく、顧客とのコミュニケーションツールとしても活用できます。50代女性の起業家にとって、デジタルツールの活用は必須の戦略と言えるでしょう。

5-2.顧客リレーションシップの構築

デジタルマーケティングは集客だけでなく、顧客との関係性を築くのにも役立ちます。

SNSを活用することで、顧客の声に耳を傾け、ニーズを把握することができます。さらに、メールマガジンを配信したり、オンラインセミナーを開催したりすることで、顧客とのコミュニケーションを深めることが可能です。

良好な顧客リレーションシップを構築することで、リピート購入につながるだけでなく、口コミによる新規顧客の獲得にもつながります。

このように、デジタルマーケティングを活用することで、効果的な集客はもちろん、顧客との絆を深め、リピーターやファンを獲得することができます。50代女性の起業家にとって、デジタルツールを使いこなすことは、成功への大きな鍵となるでしょう。

5-3.オフラインマーケティング

デジタルマーケティングに加え、オフラインでの集客活動も重要です。地元の商工会議所が主催するイベントに出展したりするのです。オフラインでの活動は、顔を合わせて直接コミュニケーションを取れるため、信頼関係を築きやすいのがメリットです。

地域密着型のマーケティングを行うことで、地元に根ざした顧客基盤を築くことができます。また、地元の広報誌に商品を掲載したりなど、地域メディアの活用も有効な手段の一つです。

さらに、展示会やマルシェなどのイベントに出展することで、商品やサービスをアピールできます。オフラインイベントは、実際に商品を手にとって見てもらえるため、より具体的なニーズを把握できる良い機会となります。

このように、オフラインマーケティングは、デジタルだけでは得られない顧客との直接的なコミュニケーションが可能です。50代女性の起業家にとって、地域に根ざした活動を行うことは、信頼関係の構築と顧客基盤の確立に役立つでしょう。

5-4.評価と改善

マーケティング活動を行う上で、重要なのは評価と改善の繰り返しです。例えば、SNSの投稿では、どの投稿が多くの反応を呼んだのかを確認し、人気の高い投稿の特徴を分析することで、より効果的な投稿ができるようになります。

また、Webサイトのアクセス解析を行うことで、どのページが人気があり、どの経路から集客されているのかを把握できます。 Googleアナリティクスを活用して、サイトの行動データを確認。そこから、ユーザーの関心が高い商品カテゴリーや、効果的なキーワードを見つけ出すことができます。このように、データに基づいた分析を行うことで、マーケティング戦略の改善につなげることができます。

さらに、顧客からの声も大切な評価材料となります。アンケートなどで 顧客の生の声を聞くことで、商品やサービスの改善点が見えてくるだけでなく、新たなニーズを発見することもできます。顧客の声は貴重な情報源なのです。

このように、マーケティング活動の評価と改善は、データと顧客の声の両面から行うことが重要です。PDCAサイクルを回し続けることで、より効果的な施策を見つけ出し、顧客満足度の向上と売上げアップにつなげることができるでしょう。

6.まとめ

この記事では、50代女性が起業する際のポイントや成功事例、起業のステップや準備方法、リスク管理と資金調達、マーケティングと集客方法について紹介しました。50代という年齢は、これまでの経験や知識を活かして新たな挑戦をする絶好の機会です。自分の強みや市場のニーズを把握し、慎重な準備を行うことで、夢を実現する可能性が高まります。

成功事例では、飲食業やフリーランス、ネットショップ運営、教育・コンサルティング業など、様々な分野で活躍する起業家の事例を紹介しました。彼女たちは自らの経験や知識を活かし、地道な努力と情熱を持って事業を展開しています。

起業のステップでは、ビジネスプランの作成や資金調達、法的手続き、オフィスや設備の準備など、具体的な行動計画を立てる重要性を強調しました。また、リスク管理やマーケティング、集客方法についても、事業の安定的な発展を図るためのポイントを紹介しました。

最後に、50代女性の起業家が成功するためには、自己評価を行い、自信を持って挑戦することが大切です。失敗や困難に直面しても諦めず、柔軟に対応する姿勢が重要です。夢を持ち、行動することで、新たな可能性が広がることでしょう。

弊社が提供する弊社はパーソナル独立支援コーチング「ビズクリアコーチング」では、

  • 起業したいけど、もう一歩踏み出せない
  • 起業のアイデアが決まらない
  • 自分に何が向いているかを考えたい

という悩みを抱えている人のための起業コーチングサービスです。

現在、無料カウンセリングを実施しています。本気で起業・独立したい方はぜひLINEからお申込みください。

投稿者

  • 石川泰

    東京理科大学を卒業後、株式会社IICパートナーズ、野村證券株式会社、SBIベネフィット・システムズ株式会社にて、年金数理、確定拠出年金にかかわる営業、監督官庁等との確定拠出年金法案の折衝業務など一貫して年金関連の業務に従事。その後、2021年に株式会社LIFE FABを立ち上げ、代表取締役に就任する。そのほか、SBI大学院大学にてMBAを取得。元プロボクサーとして1戦1勝1KOの実績も持つ。

関連記事



カテゴリー

人気記事ランキング

  1. フランチャイズ 起業・独立

    【脱サラ必見!】あなたにピッタリの働き方…

    起業の方法として、実店舗の自営業の…

  2. ピックアップ 起業・独立

    脱サラ失敗を防ぐ!起業成功の秘訣と身につ…

    リスクを理解し、十分な準備をすれば…

  3. 女性起業 起業・独立

    看護師のための起業ガイド:成功するマーケ…

    看護師の方で企業を目指している方必…

  4. 起業・独立

    起業が失敗しやすい人の特徴は?

    起業を夢見る人は多いですが、成功す…

  5. フランチャイズ 起業・独立

    フランチャイズ独立のメリットとデメリット…

    フランチャイズ独立を考える際、開業…

  6. 起業・独立

    起業成功の秘訣:2023年最新、成功しや…

    成功する起業の秘訣を紹介します。需…

  7. 起業・独立

    起業の勉強を始めよう!マーケティング・資…

    経営者として成功するためには、効率…

  8. おすすめ記事 フランチャイズ 起業・独立

    良いフランチャイズ本部の見分け方!

    良いフランチャイズ本部を見極めるポ…

border