独立したい
独立したい!

【脱サラ必見!】あなたにピッタリの働き方5選!自営業/フランチャイズ/オンラインビジネスから選ぼう

起業の方法として、実店舗の自営業の他に、フランチャイズ加盟やオンラインビジネスの選択肢もあります。起業には失敗のリスクもありますが、夢をかなえるチャンスでもあります。

みなさんは、脱サラ後、どのような働き方を選択しますか?

「脱サラ」を考えている方も多いのではないでしょうか。

会社員としての給与所得に頼る生活からの脱却を望み、自分の時間と労力を有効に使って収入を得る「自営業」「起業」に魅力を感じている方もいると思います。

しかし、脱サラ後には、自分で仕事を見つけなければならないという大きな不安と向き合う必要があります。働き方には、フリーランスとして働く選択肢もありますが、自分の会社を興すという「起業」も選択肢のひとつにあります。

弊社は、こうした想いの実現を後押しするために、パーソナル独立支援コーチング「ビズクリアコーチング」を提供しています。

パーソナル独立支援コーチング「ビズクリアコーチング」は、独立や起業をお考えの方に特化したコーチングサービスです。

「やりたいことで生きていく」その一つの手段が、「起業・独立」です。

しかし、何から始めればよいのか分からず、行動に移せずにいませんか?

そんな状況から抜け出すために、起業経験があるプロのコーチがあなたを全力でサポートいたします。

「ビズクリアコーチング」では、あなたの夢や目標、強み、経験を洗い出し、ビジネスプランを立てていきます。

そして、自己分析・具体的な行動計画・起業のアイデア出し、事業計画書の立て方など一歩一歩実行に移していきます。

独立や起業は決して簡単なことではありませんが、「ビズクリアコーチング」のコーチは、常にあなたの可能性を信じて人生を変えられるきっかけとなるようサポートいたします。

現在、無料カウンセリングも実施していますので、本気で「起業・独立したい方」は、ぜひLINEからお申込みください!

1.脱サラ起業の基本

1-1. 脱サラ起業で成功する人の特徴

脱サラ起業で成功する人の特徴として「強い使命感」「高い目的意識」を持っていることが挙げられます。

自分の価値観に合ったビジネスを立ち上げたいという思いが非常に強く、実現のために行動できるパッションを持っている人ほど、困難にぶつかっても諦めずに突き進むことができます。

また、顧客の生活をより良くしたいという社会貢献の精神性の高さも長期的な事業継続の原動力になります。

一方で、起業においては、ある程度のリスクが必ず伴います。収入面での不安定さや想定外の障害に直面することもあるでしょう。ゆえに、そうした状況下でも決して希望を失わず、前向きな姿勢を保つ「強靭な精神力」が必要となります。

つまり、少しくらいのリスクには参らない「強い精神力」が大切になります。

1-2. 従業員から独立:プロセスとステップ

起業の大前提として、現在の会社を退職するタイミングは慎重に判断する必要があります。

新しい収入源が確保できるまでは、できるだけ退職時期を延ばすことをおすすめします。

なぜなら、起業にあたり「ビジネスプランを立てる」「資金繰りのシミュレーションを行う」「家族への説明」「所属先企業退職の段取りを行う」など、現職を退職するにあたって必要な作業が伴うからです。

長期的な視点で捉えると、退職する際は円満退社が一番望ましく「円満退社に向けた適切な対応と経験」を得ることが、独立後の人生にも役立つことが多くあります。

筆者の経験として、円満退社が難しいケースが多いなか丁寧に退職までの仕事の調整などを行う根性や胆力は、独立後、多くの場面で非常に役に立つと感じています。

起業後に交渉が必要となった場合、話の落とし所を見つけるなどのコミュニケーション能力は、退職時の交渉で培うことができたと感じています。

1-3. 脱サラから独立へ:法律や税金の基本知識

脱サラから独立する際は、法律や税金などの知識を得ることが必要不可欠となります。

個人事業主や株式会社など、事業形態の選択が必要となり個人事業主の場合は「開業届の提出」や「税務申告」が必要となるなど、独立に伴い適切な対応を求められるからです。

株式会社では、「会社設立の登記」と「税務申告」が必要となります。

国税庁では、法人を設立した際に必要となる書類などについて、以下に提示しています。

法人設立届出書

内国法人(国内に本店または主たる事務所を有する法人)である普通法人または協同組合等を設立した場合は、設立の日(設立登記の日)以後2か月以内に「法人設立届出書」を納税地の所轄税務署長に1部(調査課所管法人は2部)提出しなければなりません。

国税庁/No.5100 新設法人の届出書類|国税庁/2025.6.1

いずれにせよ、税務の専門家である「税理士」に相談することをおすすめいたします。

起業に必要な届出書の提出や納税など、漏れが起きることで抱えるリスクの負担が大きくなるため、専門家のアドバイスを受けましょう。

また、個人や企業が必要とする資金需要の見積もりを行い、事業計画に基づいて金融機関の借り入れや補助金なども検討しましょう。

2. 独立後のビジネスモデルの形成

2-1. 脱サラ後の具体的なビジネスモデルや起業事例

脱サラ後の具体的なビジネスモデルや起業の事例として、「フリーランス」「個人事業主」「小規模法人」などが挙げられます。

フリーランスの場合は、自分の専門性を生かした業務を請け負うことができ、「Webデザイナー」「ライター」「プログラマー」など、オンラインで仕事を受注するケースが多くあります。

また、法人設立の手間が発生しない分、市場へ新たに参入しやすい分野といえます。

個人事業主の場合は、「美容師」「マッサージ師」「家庭教師」など、お客様へ対面でサービスを提供することができるビジネスモデルとなります。個人事業主は低コストで開業することができ、自由度も非常に高い一方で、全てを自分で行うことになるため、体力的にゆとりがなく大きな疲労に繋がる場合があります。

小規模法人の場合、「飲食店」「精密部品加工」「翻訳会社」など、幅広い事業が挙げられます。従業員を雇用して事業をどんどん拡大していくことも可能ですが、会社設立には大きな手間と資金が必要となります。

2-2. ビジネス計画の作り方

脱サラ起業を成功に導くためには、事前に十分なビジネスプランを立てることが重要です。

市場調査を行い、ユーザーニーズや競合他社の動向を把握します。また、「事業内容」「必要な資金」「売上や利益の予測」など、多角的な面から具体的に計画を行います。

起業に関する資金調達においては、「融資・補助金・助成金、出資」などさまざまな方法があり、特徴もそれぞれに異なるため、法律や税務の面においても徹底した確認が欠かせません。

当然ながら、起業にはリスクも同時に伴いますが、慎重な計画と実行で克服することが可能となります。たとえば、部分的な面で現職を残しながら、徐々に事業を立ち上げる「スモールスタート」も有効な手法のひとつといえます。

夢の実現に向けた第一歩に繋げるためにもビジネスプランに基づいた計画を練ることが、非常に重要です。

2-3. 独立後に必要な経営者のスキルと能力

脱サラ起業を成功させるためには、さまざまなスキルが必要となります。

なぜなら、単にアイデアや資金があればよいというわけではなく、経営者として成果を上げるための重要な要素である「マインド」や「スキル」を持つことで、より高い成果を出すことができるからです。

では、具体的にどのようなマインドやスキルが必要なのでしょうか。以下にまとました。

  • 事業計画の立案や戦略構築などの経営能力
  • 商品開発やマーケティングなどの専門能力
  • 顧客との交渉力
  • 社内のリーダーシップなど、組織をまとめる能力

このようなマインドとスキルは、常に質の高い行動をとるための必要な要素であり、マインドとスキル双方を同時に高めていくことで、高い成果を出すことが可能となります。

起業にあたって、おのずと失敗のリスクは生じますが、こうしたスキルを少しずつ身につけることで、一定の失敗を受け入れ乗り越えることができるでしょう。

また、経営セミナーの受講や専門家のアドバイスを参考にして、自分に合った経営スタイルを探求し続けることも大切です。

経営の考え方は、「経営しないと本質は見えてこない」ということが言えますので、最も胆力が求められる部分でもあります。

平易な言葉でたとえると、MBA(経営学の修士)を取っている経営者が必ずうまくいくとは限らず、現場でなければ身につかない能力があるということを認識してください。

3. 脱サラ起業のリアル

3-1. 脱サラ起業のメリットとデメリット

脱サラ起業には、当然ながら「メリット」と「デメリット」が存在します。

脱サラのメリットは、主に以下の3つが挙げられます。

  • 自由に時間を使えるようになる
  • 自分のペースで働くことができる
  • 事業の成長に応じて収入が増える

このように、脱サラして起業した場合、会社が定めた時間で動かなければならない「サラリーマン」とは異なり、働き方の自由度が高く事業の成長に応じて収入が増えるといったメリットがあります。

メリットがある一方で、主に以下の4つのデメリットも挙げられます。

  • 受注状況に左右されるため、収入の安定性が低い
  • 起業に失敗するリスクがある
  • 資金面での負担が大きい
  • 軌道に乗るまで時間がかかる

不安となる要素は、受注により左右されてしまうため月収の安定性が低いことや資金繰りの面で大きな負担を抱えたり事業を軌道に乗せるまでにどうしても時間を要するといったデメリットがあります。

脱サラ起業のメリットとデメリット双方を十分に理解したうえで対策を準備し、起業の一歩を踏み出しましょう。

3-2. 失敗する原因と収入が不安定になるリスク

先ほど、脱サラ起業のメリットとデメリットをお伝えいたしましたが、起業には「失敗するリスク」があることも念頭に置きましょう。

起業が失敗することで収入が不安定になる大きな原因は、「事業計画が不十分」「顧客獲得が行き詰まる」といったケースが十分に考えられます。自社ブランドの商品やサービスの魅力が顧客に伝わらなければ、高い売上を見込むことはできません。

そのためには、十分な事業計画と質の高い効率的なマーケティングが必要となります。

また、自己資金が限られている場合は、資金繰りの管理が非常に大切となるため、売上と支出のバランスをうまく取りながら事業を継続することが重要です。

脱サラして起業することは、チャレンジする価値はありますが、失敗のリスクを軽減する工夫が必要となるため、事前に「十分な計画と準備」を行いましょう。

3-3. 成功事例の分析

脱サラ起業を成功させるには、事前に十分な調査と計画を行うことが不可欠です。

具体的には、「ターゲットの顧客層」「市場規模の把握」「資金計画の立案」「必要な法務・税務の知識習得」などが挙げられます。一方では、アイデア次第で一攫千金を狙えるチャンスもあります。

成功の鍵を握るのは、自社の強みを活かしリスクを最小限に抑える計画性の高さです。

収入面が不安定になることは避けられませんが、貯蓄や資産運用で対応することも可能となります。同業他社の動向を把握したり顧客ニーズの変化へに対して柔軟に対応したりと地道な計画と分析が成功へと導きます。

4. 子育てと両立するための働き方を選択

4-1. 子育てに専念しながら成り立つビジネスモデルの事例

国の行政機関のひとつである厚生労働省は、働く世代について以下のように提示しています。

子育て家庭の親世代は、主に 20 代~50 代であり、経済活動を含む社会の多様な活動の中心的
存在といえる。

厚生労働省/子育て世代にかかる家庭の支援に関する研究調査報告書/2025.6.3

経済活動は社会において重要な役割を果たしており、子育て世代はまさに経済活動を含む共生社会の活動の中心的な存在であるといえます。

実はこのような子育て世代でも、子育てに専念しながら成り立つビジネスモデルがあります。

ビジネスモデルの例は、以下の通りです。

  • 自宅でできる「在宅ワーク」「内職」
  • Webデザイン
  • Webライター
  • 翻訳
  • ブログ・SNS運営・ECサイト運営
  • バックオフィス業務 など

上記は一例に過ぎませんが、パソコンとインターネット環境され整っていれば、いつでも始められる仕事が多数存在しています。

また、時間に融通が利くため子育てと両立しやすいといったメリットがある一方で、自己管理の重要性やひとりで働く環境への不安などデメリットもあります。

このように、メリットとデメリットはありますが、子育てに専念したい方は「時短で稼げるビジネスモデル」としてオススメです。

4-2. 子育て中の独立起業者が克服すべき課題

子育て中の独立起業者が克服すべき課題としては、「時間的な制約が大きい」ことが挙げられます。

子育て中の独立起業は「育児」「家事」「ビジネス」のバランスを取ることが、非常に大変です。

なぜなら、人が持てる許容範囲や器量のキャパシティーは概ね決まっており、その範囲のなかで育児と家事とビジネスについて、日々考え行動をとる必要があるからです。

3つのバランスを取るために重要なことは、「効率的な時間管理」が非常に大切なポイントであるといえます。

限られた時間のなかで、優先順位をつけて仕事をこなしていくことが求められ、子どもの就寝時間を有効活用したり家事と仕事のタスクを区切って行ったりすることで、生産性を大きく上げられるでしょう。

また、無理のないペースで業務を進め子育てにも十分な時間を割くことが大切です。子どもと過ごす時間を確保することで、仕事の効率も上がるはずです。 

子育て中の独立起業はとても大変ですが、上手な時間管理とバランス感覚があれば、乗り越えられる課題であるといえます。

4-3. タイムマネジメントとワークライフバランスの重要性

子育てしながらの起業はとても大変であることをお伝えいたしましたが、時間の使い方をうまくコントロールすることは、誰でも可能なことです。

たとえば、子どもの昼寝中に事業計画を立てたり深夜に決算作業をしたりと、子どもと一緒にいる時間を確保しつつ、仕事に対して有効に時間を当てることが大切です。

また、家事と仕事の両立が難しい場合は、家事代行サービスを利用することもひとつの案です。料理や掃除を外注することで、事業に集中できる時間を確保することができます。

子育てと仕事のバランスを取るコツは、「無理のない範囲でできることに集中する」ことです。タイムマネジメントを行い、限られた時間を大切にしながら優先順位をつけて仕事に取り組みましょう。

5.まとめ

本記事では、【脱サラ必見!】あなたにピッタリの働き方5選!自営業・フランチャイズ・オンラインビジネスから選ぶ大切さについて、お伝えしてきました。

脱サラ起業を成功させるためには、「強い使命感」「目的意識」「計画性」「柔軟性」が必要です。

具体的なビジネスモデルや計画を立てる際は、市場調査や資金計画が欠かせず、同時に独立後の経営者としてのスキルや能力を身につける必要も求められます。

子育て中の場合は、時間管理やバランス感覚を重要視して「失敗を恐れず挑戦し続ける姿勢」を大切にし、一歩一歩前進していきましょう。

慎重な計画と準備を行い、自分に合った働き方を見つけることで、夢を実現する第一歩を踏み出すことができるでしょう。

弊社が提供する弊社はパーソナル独立支援コーチング「ビズクリアコーチング」では、

  • 起業したいけど、もう一歩踏み出せない
  • 起業のアイデアが決まらない
  • 自分に何が向いているかを考えたい

という悩みを抱えている人のための起業コーチングサービスです。

現在、無料カウンセリングを実施しています。本気で「起業・独立したい方」はぜひLINEからお申込みください!

投稿者

  • 石川泰

    東京理科大学を卒業後、株式会社IICパートナーズ、野村證券株式会社、SBIベネフィット・システムズ株式会社にて、年金数理、確定拠出年金にかかわる営業、監督官庁等との確定拠出年金法案の折衝業務など一貫して年金関連の業務に従事。その後、2021年に株式会社LIFE FABを立ち上げ、代表取締役に就任する。そのほか、SBI大学院大学にてMBAを取得。元プロボクサーとして1戦1勝1KOの実績も持つ。

関連記事



カテゴリー

人気記事ランキング

  1. フランチャイズ 起業・独立

    【脱サラ必見!】あなたにピッタリの働き方…

    起業の方法として、実店舗の自営業の…

  2. ピックアップ 起業・独立

    脱サラ失敗を防ぐ!起業成功の秘訣と身につ…

    リスクを理解し、十分な準備をすれば…

  3. 女性起業 起業・独立

    看護師のための起業ガイド:成功するマーケ…

    看護師の方で企業を目指している方必…

  4. 起業・独立

    起業が失敗しやすい人の特徴は?

    起業を夢見る人は多いですが、成功す…

  5. フランチャイズ 起業・独立

    フランチャイズ独立のメリットとデメリット…

    フランチャイズ独立を考える際、開業…

  6. 起業・独立

    起業成功の秘訣:2023年最新、成功しや…

    成功する起業の秘訣を紹介します。需…

  7. 起業・独立

    起業の勉強を始めよう!マーケティング・資…

    経営者として成功するためには、効率…

  8. おすすめ記事 フランチャイズ 起業・独立

    良いフランチャイズ本部の見分け方!

    良いフランチャイズ本部を見極めるポ…

border