独立したい
独立したい!

稼ぐならこれ!成功しやすい業種とその選び方の完全ガイド

今回は、起業初心者におすすめの業種とその選び方のポイントを解説します。需要の伸びしろが大きく、比較的参入しやすい5つの業種をピックアップ。各業種の魅力や注意点を紹介しながら、成功の可能性を高めるためのアドバイスを提供したいと思います。
みなさんは、脱サラ後、どのような働き方を選択しますか?
目次
  1. 1.なぜ業種選びが重要なのか?
    1. 1-1. 起業の成功と業種選びの関連性
    2. 1-2. 起業業種選びが生む影響
    3. 1-3. 起業初心者が業種選びに失敗する理由
  2. 2.起業初心者におすすめの業種5選
    1. 2-1. EC業界 - ネットショップの開業
    2. 2-2. IT業界 - フリーランスのエンジニア
    3. 2-3. コンサルタント業務 - 自由な働き方の実現
    4. 2-4. フード業界 - 小規模で始められるカフェ開業
    5. 2-5. 教育業界 - オンライン塾やエドテックの事業
  3. 3.それぞれの業種の魅力と注意点
    1. 3-1. EC業界 - 低資本でも始められるが競争が激しい
    2. 3-2. IT業界 - 高収入が見込めるが専門的な知識が必要
    3. 3-3. コンサルタント業務 - 自分の経験を活かせるが顧客獲得の難しさ
    4. 3-4. フード業界 - 情熱やアイデアを形にできると魅力的だが競争が激しく注意が必要
    5. 3-5. 教育業界 - 社会貢献が可能だが法規制や教材開発のハードル
  4. 4.必要な手続きやスキル、業界特有の事情
    1. 4-1. 各業種毎の必要な資金や事務手続き
      1. 1.資金調達
      2. 2.事業計画の策定
      3. 3.会社設立手続き
      4. 4.税務手続き
      5. 5.労働保険・社会保険加入手続き
      6. 6.環境許可や許認可手続き
    2. 4-2. 業種別の専門知識や技能の取得方法
      1. 1.小売業やサービス業
      2. 2.飲食業
      3. 3.製造業
      4. 4.IT業界
    3. 4-3. 各業種の法規制や業界事情について
  5. 5.追い風となる市場の動向と事例紹介
    1. 5-1. ウェルネス業界やサブスクリプションビジネスの台頭
    2. 5-2. 各業種別の成功事例とその要因
    3. 5-3. 失敗事例とその教訓
    4. 5-4. 市場の動向や将来性を考慮した最後のアドバイス
    5. 5-5. 起業初期のマーケティングや顧客獲得の戦略
    6. 6.まとめ

起業を志す人は多いですが、実際に成功する人はそう多くありません。
なぜでしょうか。その大きな要因の一つが、「業種の選択ミス」にあります。

起業の成功率を大きく左右するのが、事業の種類です。需要のある業種を選び、自分の強みを活かせる分野であればあるほど、成功の可能性が高まります。

しかし、多くの起業家志望者は、魅力的な業界に惹かれ始めるものの、自分に合った業種かどうかをよく考えずに起業を始めてしまいます。低い売上や赤字が続き、あっという間に事業を断念せざるを得なくなってしまうのです。

そこで今回は、起業初心者におすすめの業種とその選び方のポイントを解説します。需要の伸びしろが大きく、比較的参入しやすい5つの業種をピックアップ。各業種の魅力や注意点を紹介しながら、成功の可能性を高めるためのアドバイスを提供したいと思います。

ぜひこの機会に、自分に合った業種を見極め、確かな一歩を踏み出していただければと思います。

また、弊社はパーソナル独立支援コーチング「ビズクリアコーチング」を提供しています。

パーソナル独立支援コーチング「ビズクリアコーチング」は、独立や起業をお考えの方に特化したコーチングサービスです。

「やりたいことで生きていく」その一つの手段が「起業・独立」です

しかし、何から始めればよいのか分からず、行動に移せずにいませんか?

そんな状況から抜け出すために、起業経験のあるプロのコーチがあなたを全力でサポートします。

「ビズクリアコーチング」では、あなたの夢や目標、強み、経験を洗い出し、ビジネスプランを立てます。

自己分析・具体的な行動計画・起業のアイデア出し、事業計画書の立て方など一歩一歩実行に移していきます。

独立や起業は決して簡単なことではありません。

ですが、ビズクリアコーチングのコーチは常にあなたの可能性を信じて、人生を変えられるきっかけとなるようサポートします。現在、無料カウンセリングを実施しています。本気で起業・独立したい方はぜひLINEからお申込みください。

1.なぜ業種選びが重要なのか?

1-1. 起業の成功と業種選びの関連性

起業の成功には、適切な業種を選ぶことが欠かせません。業種選びを誤ると、事業が失敗に終わる可能性が高くなります。起業初心者が陥りがちなのは、自分の興味関心や経験だけで業種を選ぶことです。しかし、市場動向や競合他社の存在、法規制などの外部環境も考慮する必要があります。

例えば、個人的には飲食店を始めたいと思っていても、同業種の競争が激しく新規参入が難しい地域だと失敗のリスクが高くなります。逆に、IT関連のスキルを生かしたフリーランスで稼ぐ道もあります。自分の強みを理解し、マーケティング調査を行うことが業種選びの第一歩です。

1-2. 起業業種選びが生む影響

起業業種の選択は、事業の成功に大きく影響します。自分の強みや関心事を活かせる分野を選ぶことが重要です。例えば、教育分野では教員免許の保有者が起業しやすいですし、IT分野では技術力が求められます。

一方で、資金面や法規制などの業界ごとの事情も考慮する必要があります。飲食店を始めるのであれば料理の腕前はもちろん衛生面の知識が、ウェブサービスであればプログラミング力が必要になるでしょう。業種選択の失敗は事業継続を困難にする要因となりえるので、十分な検討が欠かせません。

1-3. 起業初心者が業種選びに失敗する理由

起業初心者が業種選びを誤る理由の一つに、自分のスキルとニーズのマッチングミスがあります。ITエンジニアとしてのキャリアが長かった方が、カフェを始めようとするケースをよく見かけます。しかしプログラミング能力とカフェ経営には大きな隔たりがあり、失敗に終わることが多いのです。逆に、飲食店で働いていた方がWeb制作の会社を立ち上げる場合も、必要なスキルが不足している可能性が高くリスクが大きいでしょう。

自分の経験やスキルセットを冷静に判断し、それを活かせる業種を選ぶことが大切です。

2.起業初心者におすすめの業種5選

2-1. EC業界 – ネットショップの開業

EC業界は、インターネットを活用して商品やサービスを提供するビジネスの総称です。その特徴は、比較的低い資本投資で始められることや、地理的制約を受けずに全国、または世界中の顧客にアクセスできることです。

成功するためのポイントとしては、まず、ターゲットとする顧客層を明確にし、そのニーズに合った商品やサービスを提供することが挙げられます。また、マーケティング戦略としては、SNSやインフルエンサーを活用したプロモーションが重要です。顧客の声に耳を傾け、サービスの改善や新商品の開発につなげることも成功の鍵となります。

2-2. IT業界 – フリーランスのエンジニア

IT業界でフリーランスのエンジニアとして起業する場合、プログラミングなどの専門スキルが必須です。コーディング能力を磨くためにオンラインで学習コンテンツを購入し,実践を重ねて技術力を高めましょう。起業当初は収入が不安定なことが多いので,できるだけ低コストで事業をスタートすることが大切です。

参考に、在宅ワークを中心に業務を受注しつつ,徐々に事業を拡大していきましょう。顧客を獲得するには、ポートフォリオサイトやSNSを活こ用したセルフプロモーションが効果的です。

2-3. コンサルタント業務 – 自由な働き方の実現

コンサルタント業務は、企業や組織に対して専門的な知識や経験を提供し、業務改善や問題解決の支援を行うサービスです。コンサルタントは、経営、マーケティング、人事、ITなど、幅広い分野で活躍しています。業務内容は、業務プロセスの改善提案や戦略立案、プロジェクト管理、トレーニング・教育プログラムの提供、マーケティング支援など多岐にわたります。コンサルタント業務の魅力は、さまざまな業界や企業と関わりながら、課題解決に取り組む機会があり、自らの専門知識や経験を活かして企業の成長に貢献できる点にあります。一方で、柔軟性や洞察力が求められ、高い専門性やコミュニケーション能力が必要とされます。

2-4. フード業界 – 小規模で始められるカフェ開業

フード業界は小規模から始められる魅力的な業種です。カフェを例に挙げると、都心の一等地を選ばなくても地域に密着した形で開業できます。まずは自宅でケーキづくりから始め、デリバリーで提供するといった小回りの効くビジネススタイルも可能です。資金面では最低でも300万円程度が必要ですが、地域のニーズに合わせたメニュー設定を行えば、黒字化まではそれほど時間がかからないでしょう。

一方で飲食店経験がないと難しい面もあります。衛生管理や食材発注のノウハウを身につける必要があります。起業塾などを利用してスキルアップを図ることをおすすめします。

2-5. 教育業界 – オンライン塾やエドテックの事業

教育業界は、オンライン塾やEdTech関連の事業など、起業しやすい業種の一つです。コロナ禍で注目されているオンライン教育サービスは、専門知識がなくても参入しやすい分野です。まずは自分の得意分野を教える個人塾から始めることができます。

必要な資金は少額で済みますが、生徒獲得に向けた効果的なマーケティングがポイントになります。SNSや口コミを活用したPR、無料体験レッスンの実施などが有効な手段です。また、教材開発能力を高め、魅力的なカリキュラムを用意することも重要です。

EdTech関連のアプリやサービスの提供にもチャンスがあります。教育現場の課題を技術で解決するアイデア次第で大きな市場を獲得できる可能性があります。事業拡大には、投資を受けることも視野に入れましょう。

3.それぞれの業種の魅力と注意点

3-1. EC業界 – 低資本でも始められるが競争が激しい

EC業界で事業を始める魅力は、低リスクでのスタートと世界中の顧客層へのアクセスが挙げられます。インターネットを活用することで、物理店舗を構える必要がなく、初期投資やランニングコストを大幅に削減できます。また、インターネットの普及により、地理的な制約を受けずに世界中の顧客に商品やサービスを提供できる点も大きな魅力です。

一方で、EC業界では激しい競争が存在し、差別化が必要です。他社との差を明確にし、顧客のニーズに合った独自性のある商品やサービスを提供することが成功の鍵となります。また、セキュリティリスクや顧客サポートの重要性にも留意する必要があります。適切なセキュリティ対策を講じ、顧客満足度を高めるためのサポート体制を整えることが重要です。これらのポイントを考慮しながら、事業計画を練り上げることが、EC業界での成功につながるでしょう。

3-2. IT業界 – 高収入が見込めるが専門的な知識が必要

IT業界は、プログラミングやシステム開発などの専門性の高い分野ですが、需要が高く、成功する可能性も大きい業種の一つです。フリーランスのエンジニアとして独立すれば、自由な働き方が実現できます。

ただし、IT技術や開発プロセスなどの専門知識が必要不可欠です。プログラミング言語をある程度マスターしていることや、顧客ニーズを技術的に実装できる能力が求められます。

独学で基礎力をつけることもできますが、専門学校やオンラインでの学習を通じて体系的なスキルを取得することをおすすめします。起業にはある程度の資金と日々の学習が欠かせませんが、需要の高さと収益性の高さから、成功の可能性は大きいでしょう。

3-3. コンサルタント業務 – 自分の経験を活かせるが顧客獲得の難しさ

コンサルタント業務で事業を始める魅力は、自らの専門知識や経験を活かして、様々な企業や業界の課題解決に貢献できる点にあります。また、幅広い業界と関わりながら、多彩な経験を積むことができるため、成長の機会が豊富です。さらに、自由な働き方が可能であり、仕事のスケジュールやクライアントの選定が自由なため、自己実現やワークライフバランスを重視する人にとって魅力的です。

一方、注意点としては、収入の不安定性やクライアント獲得の難しさが挙げられます。クライアントの信頼を得るためには、高い専門性やコミュニケーション能力が求められるため、それらを身につける必要があります。また、仕事の多様性に対応するためには、柔軟性や適応力も必要です。これらの点を考慮し、リスクを最小限に抑えつつ、自己成長と事業の発展を両立させることが重要です。

3-4. フード業界 – 情熱やアイデアを形にできると魅力的だが競争が激しく注意が必要

フード業界での起業は、食に関する情熱やアイデアを形にする魅力があります。自らのレストランやフードブランドを通じて、人々に感動や喜びを提供できることが大きなやりがいです。また、食品業界は需要が常にあり、成長が期待される分野でもあります。

一方で、フード業界には注意点もあります。競争が激しく、差別化や独自性が求められるため、市場調査や戦略の構築が不可欠です。また、衛生管理や食材の安全性に対する法規制も厳格であり、これらを遵守することが重要です。さらに、原価管理や人材確保など、経営に関する様々な課題にも直面する可能性があります。

フード業界での起業を考える際には、独自のアイデアやコンセプトをしっかりと持ちながら、市場動向やリスクを十分に分析し、計画を練ることが成功への近道となります。

3-5. 教育業界 – 社会貢献が可能だが法規制や教材開発のハードル

教育業界は、オンライン教材や塾など、様々な事業形態で参入できる魅力があります。特に、教育分野への社会的ニーズが高まる中、EdTech領域では起業機会が広がっています。

一方で、教育事業は公共性が高く、各種法規制の存在や、優れた教材開発能力が必要となるハードルがあります。例えば、学習塾を開設する場合、設置基準を満たす施設や、教員免許を取得した講師が必要です。オンライン学習支援サービスであっても、教育効果を担保するためのシステム設計やコンテンツ開発が不可欠でしょう。

しかし、教育現場の課題を理解し、適切なサービスを提供できれば、社会貢献と事業収益の両立が可能です。特に、学習意欲向上や学力向上といった教育効果を立証できれば、継続的な需要獲得が見込めるでしょう。法規制への対応や教材開発の労力はあるものの、教育事業の社会的意義は大きく、起業に値する業界といえます。

4.必要な手続きやスキル、業界特有の事情

4-1. 各業種毎の必要な資金や事務手続き

各業種ごとに必要な資金や事務手続きは異なりますが、一般的な流れを簡単に説明します。

1.資金調達

起業に必要な資金を確保します。自己資金、銀行ローン、投資家からの資金調達などがあります。

2.事業計画の策定

事業内容や目標、市場分析、競合分析などを含む事業計画を作成します。

3.会社設立手続き

会社を設立する場合は、登記や役所への届出が必要です。株式会社や合同会社など適切な形態を選択します。

4.税務手続き

税務署への届出や納税手続きが必要です。消費税や法人税などの支払いを準備します。

5.労働保険・社会保険加入手続き

従業員がいる場合は、労働保険や社会保険への加入手続きが必要です。

6.環境許可や許認可手続き

業種によっては、特定の許認可が必要な場合があります。例えば、飲食店は食品衛生管理者の取得が必要です。

これらの手続きは、業種や地域によって異なるため、事前に十分な調査と準備が必要です。

4-2. 業種別の専門知識や技能の取得方法

起業において、業種選びは成功の鍵を握る重要な要素です。業種によって必要な資金や法規制、専門知識は大きく異なります。

1.小売業やサービス業

業界の基礎知識や経営スキルを学ぶために、起業家向けのセミナーや研修に参加しましょう。また、実際の店舗や事業を視察することも役立ちます。

2.飲食業

飲食業界での経験や調理技術を身につけるために、専門学校や料理教室での学びや、飲食店でのアルバイト経験が役立ちます。衛生管理や経営スキルも重要です。

3.製造業

製造業での技術や製造プロセスに関する知識を身につけるために、専門学校や製造工場での実務経験が必要です。また、最新の製造技術や設備について学ぶことも重要です。

4.IT業界

IT業界ではプログラミング言語やシステム開発などの技術が必要です。専門学校やオンラインコースでの学習や、実務経験を積むことが重要です。

これらの方法を活用して、業種別の専門知識や技能を身につけることで、起業の成功に近づくことができます。

4-3. 各業種の法規制や業界事情について

各業種にはそれぞれの法規制や業界の事情があります。例えば、飲食店を開業する場合、衛生面での基準をクリアする必要があります。厚生労働省の食品衛生法に基づいた営業許可を取得し、店舗の衛生管理を徹底することが求められます。また、酒類を提供する場合には、税務署への届出が必要です。業界動向として、外食産業は人手不足が深刻化しており、人材の確保と定着が課題となっています。業種によっては、参入障壁が高く、事前の十分な調査と準備が欠かせません。

5.追い風となる市場の動向と事例紹介

5-1. ウェルネス業界やサブスクリプションビジネスの台頭

ウェルネス業界やサブスクリプションビジネスが注目を集めています。

ウェルネス業界は、健康志向の高まりから市場規模が拡大しています。例えば、ヨガやフィットネス関連サービスは2025年に1.5兆円規模に成長すると予測されています。サブスクリプション型の事業も、定期購入の習慣づけで継続的な売上を見込めることから注目されています。

こうした業界では、SNSを活用した情報発信で効率的に顧客を獲得できます。また、オンラインでのサービス提供が可能なため、初期コストを抑えられる利点もあります。一方で、大手企業との競合も激しく、品質とサービスの差別化が課題です。

トレンドを意識しつつ、自社の強みを活かしたサービス開発が重要です。事業計画では、ターゲットとする顧客層を明確化し、彼らのニーズに合致したサービスを提供することが成功への近道です。

5-2. 各業種別の成功事例とその要因

起業を成功させるには、自分の強みや経験を活かせる業種を選ぶことが大切です。例えば、教育業界ではオンライン塾の開業が注目されています。コロナ禍で対面授業への不安から、オンライン学習の需要が高まっているのです。教員免許所持者が中心となり、学習コンテンツとオンライン授業を提供するビジネスモデルです。子育て世代をターゲットにしたり、特定分野に特化したサービスを打ち出すことで、差別化を図れます。一方で、教材開発の労力やシステム構築のコストが課題になります。顧客を確保するためのプロモーションも欠かせません。業界動向を見極め、リスクとリターンを天秤にかけた上で起業することが大切です。

5-3. 失敗事例とその教訓

起業に失敗した事例を見ると、共通の原因があることが分かります。一つ目は、十分な事前調査ができていなかったことです。市場動向や競合の分析を怠り、ニーズがない商品を作ってしまったケースが多いのです。二つ目は資金繰りの失敗です。売上予測が甘く、資金不足に陥ってしまった例があります。三つ目は顧客獲得の失敗です。SNSやWEB広告などを駆使できず、認知度や集客が伸び悩んだケースが見受けられます。

こうした失敗から学ぶべき教訓があります。一つは事前調査の徹底です。市場や競合の分析をしっかり行い、ニーズとマッチした商品作りを心がけることです。二つ目は初期費用の確保です。事業計画に基づき、十分な資金を準備しておくことが大切です。三つ目はプロモーション力の向上です。WEBマーケティングのスキルを取得し、効果的な集客につなげることが重要だと言えます。

5-4. 市場の動向や将来性を考慮した最後のアドバイス

起業を検討している方にとって、市場動向や業界の将来性を見極めることは非常に重要です。例えば、人口動態やライフスタイルの変化などマクロなトレンドを把握し、成長が見込めそうな分野に着目することが大切です。

一方で、自分の強みや these を活かせる業種を選ぶことも大切です。自分の経験やスキルを最大限に発揮できる分野なら、競争力のある事業を立ち上げられる可能性が高まります。

業界動向と自分の適性の両面から起業先を検討し、リスクとリターンのバランスを考慮することをおすすめします。

5-5. 起業初期のマーケティングや顧客獲得の戦略

起業初期のマーケティングや顧客獲得は容易なことではありません。しかし、SNSやWebサイトを活用したプロモーション、口コミの拡散、無料体験の提供など、様々な方法で効果的にアプローチすることができます。例えば、ECサイトの場合、検索エンジン最適化(SEO)を行い、関連キーワードでの検索順位を上げることが重要です。SNS広告やインフルエンサーマーケティングも効果的です。カフェの場合は、オープン前のティザーサイトを作成し、SNSで拡散して知名度を高める方法があります。いずれにせよ、継続的なプロモーションと、顧客体験の良さが新規獲得の近道です。失敗事例から学び、成功事例の戦略を取り入れることが大切です。

6.まとめ

起業を成功させるためには、適切な業種の選択が重要です。自分の興味や経験だけでなく、市場動向や競合状況、法規制なども考慮して慎重に選ぶことが必要です。低資本で始められる業種や自分のスキルを活かせる分野を選ぶと成功の可能性が高まります。業種別の特性や法規制、業界事情を理解し、事業計画を練り上げることが重要です。成功への近道は、自分の強みを活かしたビジネスモデルを構築し、市場に適応しながら着実に成長することです。起業は挑戦と失敗の連続かもしれませんが、失敗を恐れずに進んでいく姿勢が成功への第一歩です。

弊社が提供する弊社はパーソナル独立支援コーチング「ビズクリアコーチング」では、

  • 起業したいけど、もう一歩踏み出せない
  • 起業のアイデアが決まらない
  • 自分に何が向いているかを考えたい

という悩みを抱えている人のための起業コーチングサービスです。

現在、無料カウンセリングを実施しています。本気で起業・独立したい方はぜひLINEからお申込みください。

投稿者

  • 石川泰

    東京理科大学を卒業後、株式会社IICパートナーズ、野村證券株式会社、SBIベネフィット・システムズ株式会社にて、年金数理、確定拠出年金にかかわる営業、監督官庁等との確定拠出年金法案の折衝業務など一貫して年金関連の業務に従事。その後、2021年に株式会社LIFE FABを立ち上げ、代表取締役に就任する。そのほか、SBI大学院大学にてMBAを取得。元プロボクサーとして1戦1勝1KOの実績も持つ。

関連記事



カテゴリー

人気記事ランキング

  1. フランチャイズ 起業・独立

    【脱サラ必見!】あなたにピッタリの働き方…

    起業の方法として、実店舗の自営業の…

  2. ピックアップ 起業・独立

    脱サラ失敗を防ぐ!起業成功の秘訣と身につ…

    リスクを理解し、十分な準備をすれば…

  3. 女性起業 起業・独立

    看護師のための起業ガイド:成功するマーケ…

    看護師の方で企業を目指している方必…

  4. 起業・独立

    起業が失敗しやすい人の特徴は?

    起業を夢見る人は多いですが、成功す…

  5. フランチャイズ 起業・独立

    フランチャイズ独立のメリットとデメリット…

    フランチャイズ独立を考える際、開業…

  6. 起業・独立

    起業の勉強を始めよう!マーケティング・資…

    経営者として成功するためには、効率…

  7. 起業・独立

    起業成功の秘訣:2023年最新、成功しや…

    成功する起業の秘訣を紹介します。需…

  8. おすすめ記事 フランチャイズ 起業・独立

    良いフランチャイズ本部の見分け方!

    良いフランチャイズ本部を見極めるポ…

border