独立したい
独立したい!

成功を掴む一歩前進!起業に成功する5つの要素とは?

起業への挑戦が増える中、成功率は依然として低い現状です。日本の起業家の5年後の生存率は約5割、10年後には3割を切るという統計もあります。成功の鍵は、十分な事業計画とリスク対策です。本記事では、成功率向上のための要素や具体的な準備ステップを紹介します。起業を考えている方や目指している方は、参考にしてください。

起業を志す人は年々増加しています。しかし、残念ながら起業の成功率は決して高くありません。統計によると、日本の起業の5年後の生存率は5割程度。10年後には3割を切っているのが実情です。なぜ起業は難しいのでしょうか。その背景には、十分な事業計画の立案やリスク対策ができていないことが多いと考えられます。

本記事では、起業の成功率に関する統計データを紹介し、成功の鍵となる要素を明らかにします。加えて、失敗事例から学ぶ教訓や、成功した起業家の共通点といった実践的な情報を提供します。最後に、起業の準備に関する具体的なステップも解説します。

起業に挑戦したいと考えている方も、現在起業家を目指している方も、是非本記事を参考に、成功確率を高めるための示唆を得ていただければ幸いです。

また、弊社はパーソナル独立支援コーチング「ビズクリアコーチング」を提供しています。

パーソナル独立支援コーチング「ビズクリアコーチング」は、独立や起業をお考えの方に特化したコーチングサービスです。

「やりたいことで生きていく」その一つの手段が「起業・独立」です

しかし、何から始めればよいのか分からず、行動に移せずにいませんか?

そんな状況から抜け出すために、起業経験のあるプロのコーチがあなたを全力でサポートします。

「ビズクリアコーチング」では、あなたの夢や目標、強み、経験を洗い出し、ビジネスプランを立てます。

自己分析・具体的な行動計画・起業のアイデア出し、事業計画書の立て方など一歩一歩実行に移していきます。

独立や起業は決して簡単なことではありません。

ですが、ビズクリアコーチングのコーチは常にあなたの可能性を信じて、人生を変えられるきっかけとなるようサポートします。現在、無料カウンセリングを実施しています。本気で起業・独立したい方はぜひLINEからお申込みください。

1.起業成功率の現状

1-1. 全体の起業成功率の統計情報

起業を目指す人の多くが抱く疑問の一つに、成功する確率はどの程度なのか、という点がある。総務省の調査によると、日本の起業5年後の生存率は約5割とのデータがあります。業種や個人の事情によって異なるものの、決して高い数字とは言えないのが現状です。

起業の成功率を左右する要因は様々だが、失敗するケースの共通点として、事業計画の甘さや準備不足があります。リスクを最小限に抑える工夫として、小規模から始める「スモールスタート」が有効です。事業を徐々に拡大しながら、自分の経験や人脈を活かしつつ、需要と供給のバランスを取ることが大切です。

1-2. 10年後の生存率とその推移

起業の成功率を左右する大きな要因の1つが「事業計画」です。経済産業省の調査によると、起業前に事業計画を立てている企業ほど10年後も存続できる可能性が高いことが分かっています。しかしながら、実際に9割以上の起業家が事業計画書を作成していないのが現状です。事業計画書を作成することで、自社の強みやリスクを明確化し、経営資源を焦点化できます。また資金調達の際にも事業計画書は欠かせません。ビジネスコーチに相談しながら、起業の目的や自社の強みを整理し、事業計画書作成の重要性を理解することから始めましょう。

1-3. 業種別の起業成功率

業種別の起業成功率は大きく異なります。IT関連の起業は比較的成功しやすい傾向にあり、10年生存率は5割を超えています。一方、飲食店の起業は厳しく、10年生存率は2割程度です。こうした背景には、IT関連の起業は初期投資が少なく済み、失敗しても打撃が小さいことがあります。また、飲食店は立地条件や従業員の人件費など固定費が大きく、初期投資に数千万円かかるケースも珍しくありません。業種を選ぶ際には、こうしたリスクと成功確率を考慮することが大切です。

2.成功への要素とその方法

2-1. 事業計画書の作成とその重要性

事業計画書は、起業の成功に欠かせない要素です。事業計画書を作成することで、事業の目的や戦略を明確化し、収支計画や資金需要の見通しを立てることができます。

事業計画書には、事業概要、市場調査、競合分析、販売計画、収支計画などを盛り込みます。これにより事業の全体像を把握し、起業の方向性を定めることができます。特に収支計画は資金需要の予測に必要不可欠で、起業資金の調達根拠ともなります。

事業計画書作成を通じ、起業家は事業を客観的に分析する力を身につけます。計画通りに事業を進めることは難しいですが、事業計画書は起業の舵(かじ)取りに大いに役立ちます。事業環境の変化に応じて適宜見直すことで、起業の成功確率を高めることができるのです。

2-2. リスクを最小化する戦略:小さく始める

起業に成功するためには、まず小さく始めることが重要です。大規模な事業を立ち上げるのではなく、最小限の投資で試験的に事業をスタートすることで、市場の反応や自分の能力を確認できます。こうした小さな取り組みを通じて得たデータや経験は、本格的な事業計画作成の際に大いに役立ちます。例えば、趣味で始めたECサイトを徐々に拡大していったり、副業としてサービスを提供しながら顧客を獲得していったりする方法があります。リスクを最小限に抑えつつ事業を育てていくこの戦略が、起業の成功確率を高めるコツなのです。

2-3. 経験・人脈を活かす方法

起業に成功するためには、自分の経験や人脈を最大限に活用することが重要です。具体的には、これまでの職歴で培った専門性をベースにしたサービスを提供する「専門性起業」がオススメです。自分の得意分野を活かせば、起業後の事業運営もスムーズにいくでしょう。また、過去の取引先や同僚など、人脈を起業のパートナーや顧客獲得につなげることもできます。起業は「一人で頑張る」イメージがありますが、周囲の力を借りることで成功確率が高まります。

2-4. 不可欠な経済的準備と資金計算方法

起業に成功するためには、十分な資金の準備が不可欠です。資金計画を立てる際は、事業計画書に基づいて、初期投資額、運転資金、設備投資などの費用を具体的に見積もる必要があります。月次の売上高や費用の予測も立て、資金繰りをシミュレーションすることで、資金不足に陥らないようにしましょう。銀行借入やクラウドファンディングなど、複数の資金調達手段を検討し、十分な資金を確保することが大切です。資金不足で事業が立ち行かなくなるケースが多いので、慎重な資金計画が成功への近道です。

3.起業失敗の原因と学ぶべき教訓

3-1. 多くの起業が失敗する理由

多くの起業が失敗する大きな理由の一つに、事業計画の甘さがあります。市場調査が不十分であることや、資金計画が立てられていないことが多いのです。例えば、自分のアイデアやサービスに確信があるあまり、顧客ニーズや競合の実態把握がおろそかになりがちです。その結果、商品やサービスの魅力が伝わらず、思ったほど売上が伸びないことになります。また、必要な資金の見積もりが甘く、赤字が長引いて資金繰りに行き詰るケースも少なくありません(※9)(※10)。事業を成功させるには、自己分析と顧客分析を丁寧に行い、現実的な事業計画を立てることが欠かせません。

3-2. 具体的な失敗事例と教訓

起業に失敗する大きな理由の一つに、事業計画の甘さがあります。資金繰りの見通し不足や、顧客獲得の方法が明確でないケースが多いのです。ある調査によると、起業1年以内に事業を停止せざるを得なくなるケースの6割以上が、資金不足を理由に挙げています。また、製品やサービスの魅力が十分伝わらず、顧客を獲得できないケースも少なくありません。

たとえば、知人のAさんは、地域密着型の飲食店を始めましたが、1年で閉店せざるを得なくなりました。店舗の立地選定を誤り、十分な集客力がなかったことが原因でした。BさんはIT関連の新規事業に挑戦しましたが、競合他社の攻勢にあって、思うように業績が伸びずに断念しました。いずれも、事前の市場調査と計画が甘く、顧客ニーズへの対応が足りませんでした。

このように、起業には多くの困難が伴います。しかし、失敗から学び、再チャレンジする起業家も少なくありません。次回は、起業の成功事例とそこから学べる教訓について解説したいと思います。

3-3. 適切な金融計画がなぜ重要なのか

起業に失敗する大きな理由の一つに、資金面での十分な計画が立てられていないことがあげられます。実際、起業家の約3割が資金不足で苦しんでいるとのデータがある。しかしながら、事前に適切な資金計画を立てておけば、このリスクを大幅に軽減できます。

具体的には、必要な初期投資額から売上高や費用の見込みを算出し、最低限の資金需要額を明確にしておくことが重要です。特に人件費や広告宣伝費といった変動費は、事業拡大に伴い急激に膨らむ可能性があるため、十分な幅を持たせる必要があります。併せて資金繰りシミュレーションを行い、最悪のケースを想定した対応策を用意しておけば、起業の安定性が高まります。

4.成功した起業家たちの共通点と事例

4-1. 出発点:自己の強みとパッションを活かす起業家たち

起業に成功するには、自己の強みとパッションを活かすことが重要です。具体的には、これまでの職歴や経験で培った専門性をベースに、自分の関心や得意分野を事業に落とし込むことが有効です。たとえば、美容師の資格を持ちサロンで働いていた人が、独立して自分の美容室を開業したり、ITエンジニアが自身のスキルを活かしたシステム開発の会社を立ち上げたりするケースがそれにあたります。

起業には失敗のリスクもありますが、自分の強みを活かせば成功確率は高まります。事業計画の立案や経済的な準備をしっかり行うことも重要です。

4-2. 社会の課題と向き合う起業体験談

起業に成功した人の多くは、自分の強みや得意なことを活かしています。ある起業家は、以前勤めていたIT企業で培った技術力をベースに、Webサイト制作の会社を立ち上げました。また、教師をしていた女性が、教育分野で起業し、個別指導塾を成功させた例もあります。

一方で、社会の課題や地域ニーズに目を向ける起業家もいます。過疎地域で高齢者の見守りサービスを提供するNPOを設立したり、障害者就労支援の取り組みを事業化した起業家も少なくありません。このような社会貢献型の起業は、単に金銭的成功を目指すだけでなく、社会に対する思い入れが成功の原動力となっているようです。

いずれにせよ、起業にはある程度のリスクが伴います。しかし、自分の強みを活かし、地域や社会の課題解決を視野に入れることが、成功確率を高めるコツなのかもしれません。

4-3. 継続的な学びの重視とその事例

起業に成功するには、単にアイデアや資金があるだけでは不十分です。継続的な学びと自己研鑽が欠かせません。起業家の多くが成功の鍵として、自己啓発セミナーへの参加や専門書の読書を挙げています。

たとえば、飲食店を展開するA氏は、店舗経営のセミナーに定期的に参加し、最新の店舗設計やメニュー開発の動向を学んでいます。その結果、他店との差別化に成功し、売上を大きく伸ばしています。

また、Web制作会社を立ち上げたB氏は、プログラミングやマーケティングに関する書籍を毎月1冊は必ず読むよう心がけています。IT業界の変化の速さに対応できるよう、自己研鑽に力を入れているそうです。

5.起業準備の具体的ステップと必要書類

5-1. 起業するための具体的なステップ

起業を成功させるには、まず自分自身の強みやこれまでの経験を最大限に活かすことが大切です。自分の得意なことや興味のあることをビジネスにしていくことで、継続的に取り組めるからです。次に、起業にあたっては、小さく始めることをおすすめします。大規模な投資をせずに試行錯誤しながら事業を育てていけば、失敗のリスクを抑えられます。併せて、しっかりとした事業計画を立て、資金計画も十分にしておきましょう。これらの点を意識して起業に臨めば、成功確率を高められるはずです。

5-2. 法的手続きと準備すべき書類一覧

起業を成功させるためには、法的手続きと必要書類の準備も欠かせません。まず、事業形態を決定し、法人設立の手続きを行います。個人事業主の場合は開業届の提出が必要ですが、株式会社などの法人の場合は登記が必要です。次に、事業に必要な許認可の取得や、事業計画書・資金計画書の作成も重要なステップです。資金調達においては、自己資金だけでなく、銀行融資や投資家からの出資など、複数の選択肢を検討しましょう。また、税務署への届出や、社会保険の加入手続きなども忘れずに。これらの手続きを着実に進めることで、起業の成功への一歩を踏み出せるでしょう。手続きに不安を感じる方は、専門家に相談するのもおすすめです。起業を目指す皆さんの夢の実現に向けて、一緒に頑張っていきましょう!

5-3. 資金調達の具体的な方法とその利点

起業には多額の資金が必要となりますが、自己資金だけで賄うのは難しい場合があります。そこで有効なのが銀行などの金融機関からの借入です。起業資金の8割以上は銀行借入に依存しているのが実情です。金融機関では事業計画の内容次第で、最大1億円程度の借入を認めています。金利は年3~5%程度で、10年以上の長期返済が可能です。担保は不要のケースも多いです。クラウドファンディングも注目されています。事業の魅力をアピールし、多数の出資者から資金を得られます。リターンも期待できるので、事業PR効果も大きいメリットがあります。

6.まとめ

起業成功率は高くないことが現実であり、日本の起業家の5年後の生存率は約5割程度です。成功の共通点として、事業計画の甘さや準備不足が挙げられます。特に、事業計画書をしっかりと立てることが将来の存続率に大きく影響します。IT関連の起業は比較的成功しやすい一方、飲食店の成功率は低い傾向があります。業種選びや事業計画の策定には慎重さが必要です。

成功した起業家たちの共通点は、自己の強みや情熱を活かして事業を展開していることです。また、社会の問題や地域のニーズに目を向け、それに対応する事業を展開している起業家も多いです。さらに、継続的な学びと自己研鑽を重視しており、セミナーや書籍を通じて自己を磨いています。

起業準備の具体的なステップとして、自己の強みや経験を活かしたビジネスアイデアを見つけることや、小規模な試行を通じて事業を育てていくことが挙げられます。さらに、事業計画の立案や資金計画の十分な準備も重要です。法的手続きとしては、事業形態の決定や許認可の取得、必要書類の準備が必要です。資金調達の方法としては、銀行融資やクラウドファンディングなど複数の選択肢を検討しましょう。これらの準備を着実に進めることで、起業の成功への道を切り開くことができます。

弊社が提供する弊社はパーソナル独立支援コーチング「ビズクリアコーチング」では、

  • 起業したいけど、もう一歩踏み出せない
  • 起業のアイデアが決まらない
  • 自分に何が向いているかを考えたい

という悩みを抱えている人のための起業コーチングサービスです。現在、無料カウンセリングを実施しています。本気で起業・独立したい方はぜひLINEからお申込みください。

投稿者

  • 石川泰

    東京理科大学を卒業後、株式会社IICパートナーズ、野村證券株式会社、SBIベネフィット・システムズ株式会社にて、年金数理、確定拠出年金にかかわる営業、監督官庁等との確定拠出年金法案の折衝業務など一貫して年金関連の業務に従事。その後、2021年に株式会社LIFE FABを立ち上げ、代表取締役に就任する。そのほか、SBI大学院大学にてMBAを取得。元プロボクサーとして1戦1勝1KOの実績も持つ。

関連記事



カテゴリー

人気記事ランキング

  1. フランチャイズ 起業・独立

    【脱サラ必見!】あなたにピッタリの働き方…

    起業の方法として、実店舗の自営業の…

  2. ピックアップ 起業・独立

    脱サラ失敗を防ぐ!起業成功の秘訣と身につ…

    リスクを理解し、十分な準備をすれば…

  3. 女性起業 起業・独立

    看護師のための起業ガイド:成功するマーケ…

    看護師の方で企業を目指している方必…

  4. 起業・独立

    起業が失敗しやすい人の特徴は?

    起業を夢見る人は多いですが、成功す…

  5. フランチャイズ 起業・独立

    フランチャイズ独立のメリットとデメリット…

    フランチャイズ独立を考える際、開業…

  6. 起業・独立

    起業の勉強を始めよう!マーケティング・資…

    経営者として成功するためには、効率…

  7. 起業・独立

    起業成功の秘訣:2023年最新、成功しや…

    成功する起業の秘訣を紹介します。需…

  8. おすすめ記事 フランチャイズ 起業・独立

    良いフランチャイズ本部の見分け方!

    良いフランチャイズ本部を見極めるポ…

border