独立したい
独立したい!

フランチャイズオーナーのリアル!年収と向き不向きを完全解説

成功を目指す多くの人がフランチャイズオーナーを夢見ますが、その道は容易ではありません。成功するためには自己評価とビジネス理解が不可欠です。この記事では、成功の条件と向いている人の特徴を解説します。

フランチャイズオーナーを目指す人は多いですが、本当に向いている人はそう多くありません。

フランチャイズオーナーになるには、フランチャイズ本部からのサポートを受けながら、独立開業できるメリットがあります。しかし、事業運営の裁量権はオーナーにあるため、失敗すれば自己責任です。

成功するには、フランチャイズビジネスの仕組みを理解し、自分の性格や能力を冷静に判断する必要があります。本当にフランチャイズオーナー向きなのか、成功の可能性はあるのか。

この記事では、フランチャイズオーナーに向いている人の特徴と条件を解説します。自分が向いているかどうかを判断する材料にしてください。

また、弊社はパーソナル独立支援コーチング「ビズクリアコーチング」を提供しています。

パーソナル独立支援コーチング「ビズクリアコーチング」は、独立や起業をお考えの方に特化したコーチングサービスです。

「やりたいことで生きていく」その一つの手段が「起業・独立」です

しかし、何から始めればよいのか分からず、行動に移せずにいませんか?

そんな状況から抜け出すために、起業経験のあるプロのコーチがあなたを全力でサポートします。

「ビズクリアコーチング」では、あなたの夢や目標、強み、経験を洗い出し、ビジネスプランを立てます。

自己分析・具体的な行動計画・起業のアイデア出し、事業計画書の立て方など一歩一歩実行に移していきます。

独立や起業は決して簡単なことではありません。

ですが、ビズクリアコーチングのコーチは常にあなたの可能性を信じて、人生を変えられるきっかけとなるようサポートします。

現在、無料カウンセリングを実施しています。本気で起業・独立したい方はぜひLINEからお申込みください。

1.フランチャイズビジネスの基本的な理解

1-1. フランチャイズビジネスとは

フランチャイズビジネスとは、親会社が自社のノウハウやブランド力を活用し、加盟店に対して店舗の運営ノウハウを提供するビジネス形態です。加盟店は親会社のブランドを利用して事業を行う代わりに、売上の一定割合をロイヤリティとして親会社に支払います。

フランチャイズオーナーになるメリットは、自分の店を持つことができ、独立した事業主として収益を上げられることです。一方で、加盟には一定の資金と事業運営能力が必要です。また、親会社の方針に従う必要があるため、完全な独立性はありません。

フランチャイズオーナーに向いている人は、一定の資金力があり、事業運営に前向きな人です。サービス業や小売業などの経験があれば尚良いでしょう。一方、資金や時間的余裕がない人はリスクが大きいと言えます。

1-2. フランチャイズオーナーになるための手段と条件

フランチャイズオーナーになるためには、まずフランチャイズビジネスの基礎知識を身につけることが大切です。具体的には、フランチャイズの仕組みやビジネスモデルの理解、加盟店舗の運営ノウハウの習得などが必要不可欠です。その上で、自分の性格や適性を見極め、向いているフランチャイズを選ぶことが成功への近道です。

例えば、人前でのプレゼンや接客が得意な人であれば、教育や飲食系のフランチャイズがおすすめです。一方、事務処理能力が高く数字を扱うのが得意な人には、税理士や保険代理店などのフランチャイズが向いているでしょう。

フランチャイズオーナーになるための条件としては、一定の自己資金(数百万円から)が必要ですが、加盟料や保証金を分割払いにできるケースも多いので、資金面でのハードルは下がってきています。

1-3. フランチャイズオーナーが抱える可能性のある困難とその対処法

フランチャイズオーナーが直面する可能性のある困難として、初期投資資金の工面や店舗運営のノウハウ不足などがあげられます。

特にフランチャイズビジネスは「人」が重要な要素ですので、従業員の雇用や教育が大きな課題になります。こうした困難への対処法として、フランチャイザーが提供する研修制度を最大限活用したり、先行フランチャイジーからのアドバイスを参考にすることが有効です。さらにフランチャイザーとフランチャイジー間のコミュニケーションを大切にし、困ったことがあれば遠慮なく相談することが大切です。

2.成功するフランチャイズオーナーの特性

2-1. フランチャイズオーナーに向いている人の特徴

フランチャイズオーナーに向いている人の特徴として、まずフランチャイズビジネスの基本的な理解があることがあげられます。

フランチャイズの仕組みやメリット・デメリットを知り、自分に合ったフランチャイズを選ぶことができる判断力が必要です。次に主体性があることです。自ら情報を集め、行動し、店舗運営に取り組むことができる積極性が不可欠です。さらに顧客対応力があることも大切です。お客様の要望に耳を傾け、サービス提供していくスキルが必要となります。これらに加え、起業に対する強い意欲とビジネス運営の知識もある程度必要です。

こうした要素を兼ね備えている人が、フランチャイズオーナーとして成功する可能性が高いでしょう。

2-2. フランチャイズオーナーに不向きな人の特徴

フランチャイズオーナーに向いていない人の特徴として、まず自己分析力が低く、自分の性格や能力を過大評価している人が挙げられます。具体的には、楽観性が高すぎてリスクを軽視したり、短期的成功に酔っている人です。

また、フランチャイズビジネスの基本を理解せずに「儲かる」「楽な商売」と勘違いしている人も要注意です。さらに、ルールを守ることが苦手で、フランチャイザーとのコミュニケーションがうまくいかない人や、顧客との対人スキルが乏しい人にも不向きです。

2-3. フランチャイズオーナーの労働時間や働き方

フランチャイズオーナーの労働時間や働き方は、個人差が大きいのが実情です。

フランチャイズの種類や店舗の規模によっても異なりますが、ひとくちにフランチャイズオーナーといっても、フルタイムで店舗に立つ人から、投資目的で店舗運営を他者に任せる人まで、様々なスタイルがあります。

例えば、飲食系のフランチャイズ店では、オープンから閉店まで店舗に立ち働くフルタイムのオーナーが多い一方、教育やサービス系のフランチャイズでは、週2~3日程度の労働時間で収入を得ているオーナーもいます。いずれにせよ、自分のライフスタイルに合ったフランチャイズを選ぶことが大切です。

2-4. フランチャイズオーナーの成功要因と失敗事例

フランチャイズオーナーの成功要因としては、フランチャイザーからのサポートを最大限に活用することが挙げられます。

フランチャイザーは自社のノウハウやマニュアル、研修等でフランチャイジーを支援しており、これらをしっかり理解して業務に活かしていくことが重要です。一方で失敗事例としては、サポートを受けることなく勝手にやりたい放題に運営してしまうケースがあります。マニュアル通りに運営していれば成功する可能性が高いのに、独自色を打ち出そうと無理なことをして失敗する例が散見されます。

フランチャイズはある程度の枠組みの中で事業を展開していくものなので、その特性を理解した上でフランチャイジーとしての義務を果たしつつ、創意工夫を発揮するバランスが大切です。

3.フランチャイズオーナーとしての年収とその要素

3-1. フランチャイズオーナーの年収の平均と算出方法

フランチャイズオーナーの年収は、加盟店の売上と利益に大きく左右されます。

売上高から仕入れコストや人件費などの経費を引いた「営業利益」の一定割合が報酬として支払われる仕組みです。平均的な年収は500万円程度と言われていますが、個人差が大きく、成功すれば1000万円を超えるケースも少なくありません。店舗の立地条件や自らの経営力が年収に直結します。初期投資額も年収と相関があり、1000万円程度の初期投資で年収500万円程度、初期投資額が5000万円程度なら年収1000万円程度を見込めるでしょう。売上と利益が年収の鍵を握ることを肝に銘じ、立地選定や販促力を高めることが肝要です。

フランチャイズ本部のサポートを最大限活用しつつ、自らの経営力で利益を最大化することが年収アップの近道といえます。

3-2. フランチャイズオーナーの年収を左右する要素

フランチャイズオーナーの年収を左右する大きな要因の1つが、加盟しているフランチャイズの業種や業態です。

飲食や小売りなどの分野では、立地条件や自分の経営力が年収に大きく影響します。一方、教育や福祉、医療関連の分野は、安定した収入が見込める反面、参入障壁が高いという特徴があります。いずれにせよ、自分の適性とビジネスモデルを冷静に判断し、リスクとリターンのバランスを考えることが重要です。

3-3. フランチャイズ年収ランキング:主要なフランチャイズブランドの年収情報

フランチャイズオーナーの年収は、個々のフランチャイズの業種や規模、立地条件などによって大きく異なります。例えば、コンビニやファストフード、家庭教師などの大手フランチャイズは年商1000万円から3000万円程度で、飲食やサービス業の中小フランチャイズでは年商500万円前後といった具合です。

フランチャイズオーナーの年収を算出する際には、売上から人件費や材料費、店舗維持費などの経費を差し引いた純利益に着目します。加盟店の立地条件や自身の経営力によって売上と利益率は異なるため、事前の十分な調査が必要不可欠です。

4.フランチャイズ経営の醍醐味と戦略

4-1. フランチャイズビジネスの運営と経営戦略

フランチャイズビジネスを運営していくうえで、経営戦略は極めて重要です。まずは、本部が用意しているマニュアルやノウハウをしっかり理解し、標準化されたサービスを提供することが基本です。そのうえで、地域の特性や顧客ニーズを考慮し、独自のアイデアを取り入れて差別化を図ることができます。

例えば、季節限定メニューの提供や、SNSを活用したプロモーション、地域イベントへの参加などが考えられます。一方で、品質基準を下げたり、本部の指示に反するようなことは避けるべきです。フランチャイズは「経営の自由」と「品質の統一」を両立させるビジネスモデルです。運営面での工夫と本部との信頼関係の維持が、成功の鍵を握っています。

4-2. フランチャイズ加盟で得られるメリット

フランチャイズ加盟で得られる大きなメリットの一つは、既にある程度知名度やブランド力のあるフランチャイズを利用できることです。

フランチャイザーが長年蓄積してきたノウハウやマニュアル、調達ルートなどを活用できるので、ゼロから事業を立ち上げるよりもリスクが低減します。また、本部による研修や定期的な支援も受けられるので、経験の浅い方でも安心して店舗を運営することができます。

一方で、フランチャイズ本部が定めるルールや手順を守る必要があるため、ある程度の自由裁量が制限されるデメリットもあります。加盟店舗の立地選定や商品の価格設定などに一定の制約が課せられるケースが多いです。

ですが、フランチャイズのメリットを最大限に享受しつつ、デメリットを最小限に抑える運営ができれば、安定した収益を上げられる可能性が高いと言えます。

4-3. フランチャイズオーナーのキャリアパスとキャリアアップ

フランチャイズオーナーになるには、自分の性格や適性を理解することが大切です。

例えば、リスクを取ることが得意な人や、顧客とのコミュニケーションが苦手な人は向き不向きがあります。キャリアアップの方法として、自社の店舗数を増やす「多店舗経営」があります。多店舗経営をすると、一店舗当たりの管理コストが下がるメリットがあります。一方で、店舗管理の手間が増えるデメリットも。

自分の経営力や体力などを考慮し、店舗数を決めることが大切です。

5.まとめとフランチャイズオーナーへの道

5-1. フランチャイズオーナーに向いてる人のまとめ

フランチャイズオーナーを目指す方にとって、自分がその立場に向いているかどうかを判断することは大切です。

まず、フランチャイズビジネスそのものへの理解が必要不可欠です。フランチャイズの仕組みや、オーナーが直面しうる困難について学ぶことから始めましょう。

次に、自分の性格・能力とフランチャイズオーナーに求められる資質を照らし合わせてみてください。顧客対応力や柔軟な発想、事業運営力などが必要となります。自己分析を通じ、自分の長所・短所を把握しましょう。

さらに、家族の理解や資金面での余裕など、環境的な条件も大切です。夢だけでなく現実も見据え、自分にとってのハードルを洗い出しましょう。

こうした自己検証を踏まえ、フランチャイズオーナーへの道が自分にとって適しているか判断しましょう。夢の実現に向け、第一歩を踏み出す勇気を!

5-2. フランチャイズオーナーになるためのステップ

フランチャイズオーナーを目指すにあたり、まずは自分自身について振り返ることが大切です。業界や商品知識はある程度習得できますが、性格や価値観などの個人的な要素が成功の鍵を握っています。例えばコミュニケーション能力、計画性、責任感、協調性などの資質が求められます。一方で長時間労働やストレスへの耐性も必要となります。

フランチャイズオーナーになるには、まずフランチャイズ契約からスタートします。契約時には初期費用やロイヤリティーなどの条件を確認する必要があります。事業計画書の作成や店舗選定、改装工事など、オープンに向けた準備段階も大切です。

5-3. フランチャイズオーナーへのアドバイス

フランチャイズオーナーを目指す方へのアドバイスとして、まずは自分自身の性格特性や価値観を理解することが大切です。例えば、リスクを取ることへの許容度が高い人、自己決定権を重視する人、経済的報酬よりも自己実現を優先する人などがフランチャイズオーナーに向いていると考えられます。一方で、定型業務を好む人や給与所得者としての安定性を重視する人は向き不向きかもしれません。

また、フランチャイズオーナーには一定レベルの起業マインドと経営感覚が求められます。自分の店舗を経営していく覚悟が必要であり、フランチャイザーからの業務指導に従う一方で、地域特性に応じた商品開発やプロモーション、人材育成なども行うことが期待されています。

6.まとめ

フランチャイズオーナーを目指す人は多いですが、本当に向いている人は限られています。

フランチャイズオーナーになるためには、フランチャイズ本部からのサポートを受けながらも、独立開業できるメリットがありますが、事業運営の裁量権はオーナーにあり、失敗すれば自己責任です。成功するためには、フランチャイズビジネスの仕組みを理解し、自己分析を行う必要があります。

フランチャイズオーナーに向いている人は、リスクを取ることへの許容度が高い人や、自己決定権を重視する人です。一方で、定型業務を好む人や給与所得者としての安定性を重視する人は向いていません。

成功するフランチャイズオーナーには、基本的な理解や主体性、顧客対応力、起業意欲、ビジネス運営知識などが求められます。自己分析やフランチャイズビジネスの理解が重要です。

弊社が提供する弊社はパーソナル独立支援コーチング「ビズクリアコーチング」では、

  • 起業したいけど、もう一歩踏み出せない
  • 起業のアイデアが決まらない
  • 自分に何が向いているかを考えたい

という悩みを抱えている人のための起業コーチングサービスです。現在、無料カウンセリングを実施しています。本気で起業・独立したい方はぜひLINEからお申込みください。

投稿者

  • 石川泰

    東京理科大学を卒業後、株式会社IICパートナーズ、野村證券株式会社、SBIベネフィット・システムズ株式会社にて、年金数理、確定拠出年金にかかわる営業、監督官庁等との確定拠出年金法案の折衝業務など一貫して年金関連の業務に従事。その後、2021年に株式会社LIFE FABを立ち上げ、代表取締役に就任する。そのほか、SBI大学院大学にてMBAを取得。元プロボクサーとして1戦1勝1KOの実績も持つ。

関連記事



カテゴリー

人気記事ランキング

  1. フランチャイズ 起業・独立

    【脱サラ必見!】あなたにピッタリの働き方…

    起業の方法として、実店舗の自営業の…

  2. ピックアップ 起業・独立

    脱サラ失敗を防ぐ!起業成功の秘訣と身につ…

    リスクを理解し、十分な準備をすれば…

  3. 女性起業 起業・独立

    看護師のための起業ガイド:成功するマーケ…

    看護師の方で企業を目指している方必…

  4. 起業・独立

    起業が失敗しやすい人の特徴は?

    起業を夢見る人は多いですが、成功す…

  5. フランチャイズ 起業・独立

    フランチャイズ独立のメリットとデメリット…

    フランチャイズ独立を考える際、開業…

  6. 起業・独立

    起業成功の秘訣:2023年最新、成功しや…

    成功する起業の秘訣を紹介します。需…

  7. 起業・独立

    起業の勉強を始めよう!マーケティング・資…

    経営者として成功するためには、効率…

  8. おすすめ記事 フランチャイズ 起業・独立

    良いフランチャイズ本部の見分け方!

    良いフランチャイズ本部を見極めるポ…

border