独立したい
独立したい!

「独立開業だけど資金が…」その悩み、解決します!必要資金額・調達方法まとめ

独立開業を考える人が増えていますが、資金調達の難しさから諦める人も。本記事では、開業に必要な平均資金や業種別の違い、資金調達方法などを解説します。開業を考える方は必見です。

独立開業を目指す人は年々増加しています。しかし、開業には多額の資金が必要とされ、資金調達の難しさから諦めざるを得ないケースも少なくありません。

独立開業に必要な資金の平均額はいくらでしょうか。また、業種によって必要な資金に差があるのでしょうか。本記事では、独立開業に必要な資金の平均額と業種別の違いについて、実際の調査結果を交えて解説します。

開業資金の平均額を知ることで、自分のビジネスに必要な資金をある程度予測できます。業種別の違いも把握しておくことで、自分の業種に合わせた資金計画を立てやすくなります。

開業資金の調達方法や、失敗時のリスク対策など、実際に開業する際に役立つ情報も含めているので、独立開業を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

また、弊社はパーソナル独立支援コーチング「ビズクリアコーチング」を提供しています。

パーソナル独立支援コーチング「ビズクリアコーチング」は、独立や起業をお考えの方に特化したコーチングサービスです。

「やりたいことで生きていく」その一つの手段が「起業・独立」です

しかし、何から始めればよいのか分からず、行動に移せずにいませんか?

そんな状況から抜け出すために、起業経験のあるプロのコーチがあなたを全力でサポートします。

「ビズクリアコーチング」では、あなたの夢や目標、強み、経験を洗い出し、ビジネスプランを立てます。

自己分析・具体的な行動計画・起業のアイデア出し、事業計画書の立て方など一歩一歩実行に移していきます。

独立や起業は決して簡単なことではありません。

ですが、ビズクリアコーチングのコーチは常にあなたの可能性を信じて、人生を変えられるきっかけとなるようサポートします。現在、無料カウンセリングを実施しています。本気で起業・独立したい方はぜひLINEからお申込みください。

1.独立開業に必要な資金の平均額

1-1.独立開業に必要な資金額

全体の平均独立開業に必要な資金の額は、業種や事業規模によって大きく異なります。

全体の平均としては、初期投資300万円程度、運転資金200万円程度の合計500万円前後が目安とされています。しかし、例えば飲食店の場合、店舗改装費用や厨房機器購入費用など初期コストがかさむため、平均1000万円以上の資金が必要になるケースが多いです。

一方、フリーランスで個人事業主として開業する場合は、100万円程度で開業できる可能性もあります。資金不足による開業失敗を避けるためにも、自分の事業内容と規模に応じた必要資金額を事前にしっかりと算出することが大切です。

1-2.初期投資と運転資金

必要となる主要な金額の内訳独立開業に必要な資金は、初期投資と運転資金の2つに大別されます。

初期投資は店舗の改装費や機器購入費などの一時的に必要となる資金で、平均300万円程度が目安です。

一方、運転資金は人件費や仕入れ代金など日々の事業運営に必要な資金で、平均200万円程度が必要です。業種や規模によって金額は異なりますが、この2つの資金を確保することが安定した開業には欠かせません。

資金不足に陥らないよう、事前の十分な計画と準備が大切です。

1-3.業種による開業資金額の違い

飲食店を開業する場合、店舗の改装や厨房機器の購入など、多額の初期投資が必要不可欠です。

飲食店の開業に必要な資金は、平均で1000万円以上かかると言われています。一方、フリーランスで個人事業主として開業する場合は、パソコン1台で事業を始められるため、初期投資100万円程度で済むケースも少なくありません。

業種や事業内容によって必要な資金に大きな開きがあるため、自分のビジネスに合った金額を算出することが重要です。例えばウェブ制作の事業を始める場合、高性能パソコン1台とソフトウェアライセンス取得に20万円程度あれば十分だと思われがちです。

しかし、顧客獲得のための広告費や、受注までの期間の生活費を考えると、少なくとも100万円以上の準備が必要でしょう。事前の十分な計画と見積もりが、開業後の資金不足を防ぎます。

2.資金調達の方法とその種類

2-1.公的機関からの融資

公的機関からの融資は、独立開業を目指す方にとって大きな助けとなります。

日本政策金融公庫や商工中金などの公的金融機関が、最大2,000万円程度までの融資を行っています。融資条件は機関によって異なりますが、対象者は概ね5年以上の実務経験を持つ方が基本です。金利は年1~3%程度で、据置期間も設けられているケースが多いです。

必要書類は事業計画書や収支計画書など。審査には1~2か月程度かかりますが、公的機関ならではの安定感が魅力です。

2-2.信用保証協会の保証付き融資

信用保証協会の保証付き融資は、独立開業を目指す方にとって大変魅力的な選択肢です。

信用保証協会が融資の保証を行うことで、金融機関からの借入限度額が大きく引き上げられるのが最大のメリットです。例えば業歴3年以上であれば、限度額は最大2億円まで借り入れ可能。利率も年1.11%からと公的融資並みに設定されています。返済期間も運転資金で7年、設備資金で20年と長期間での返済が認められます。審査には数週間要しますが、事業計画の信頼性が高ければ、多額の資金を借り入れられるので、大規模な事業展開を考えている方におすすめです。

一方で、保証協会の審査基準は厳しく、実務経験や自己資金の額によっては利用できないケースも。その点を考慮した上で活用していきたい融資方法です。

2-3.補助金と助成金による資金調達

独立開業を目指す方にとって、補助金や助成金の活用は大きなメリットがあります。これらは国や自治体などの公的機関が、新規開業を後押しする目的で交付しています。補助金は事業費の一部を補填する性質のもので、助成金は目的事業の推進を助成する性質のものです。

例えば、商工会議所や産業支援機関が実施している補助金では、最大200万円程度の補助が受けられるケースが多いです。また、特定の業種や地域を対象とした補助金・助成金も数多く用意されています。これらのメリットは、無利子あるいは低利での資金調達が可能な点です。一方で、事業計画書の作成や、事後の実績報告など、一定の要件を満たす必要がある点にも注意が必要です。

補助金・助成金の種類は実に様々ですので、地域の産業支援機関等に相談し、自分の事業に合致したものを見極めることが大切です。上手に活用することで、大きな追い風となるはずです。

2-4.ビジネスローン、クラウドファンディングによる資金調達

ビジネスローンやクラウドファンディングによる資金調達も、独立開業の際に活用できる選択肢です。

ビジネスローンは金融機関が事業者向けに提供している融資商品で、事業計画と担保に基づき、最大1億円程度までの借入が可能です。金利は年2~4%程度と少し高めですが、返済期間は10年以上と長期間での返済が認められています。

一方、クラウドファンディングはインターネットを通じて不特定多数の出資者から資金を調達する手法です。目標金額の30~50%程度が平均的な調達額で、出資者へのリターンが必要となりますが、事業PR効果も期待できます。

いずれも一定のリスクは伴いますが、十分な事前検討と事後管理を行えば、大きなメリットを享受できる資金調達手段といえます。

3.融資に関する重要な知識と手順

3-1.融資の対象者となるための条件

独立開業を目指す方にとって、最も大きな障壁の一つが資金調達です。融資を受けるためには、対象者としての条件を満たす必要があります。

具体的には、事業計画が明確で実現可能性が高いことが重要視されます。収支計画や資金繰り表を含む事業計画書を用意し、独立開業の目的やアイデア、市場規模や競合状況などを分析した上で、事業の成長性と収益性を証明する必要があります。

加えて、一定期間の事業経験や、開業に必要な資格取得が条件とされるケースも多いでしょう。自己資金の準備状況も評価されます。

こうした条件をクリアすれば、公的機関や金融機関からの融資を比較的容易に受けることができます。事業計画のブラッシュアップをサポートする専門家に相談することも有効でしょう。

3-2.融資の限度額、利率、そして返済方法

融資の限度額は、公的機関の場合、1500万円程度が上限となることが多いです。ただし、事業内容や計画に応じて、3000万円までの融資を受けられるケースもあります。

民間金融機関の場合は、5000万円以上の融資実績もあるでしょう。利率は年1~3%台が一般的ですが、保証協会の保証付き融資を利用すれば、より低利での借入も可能です。返済期間は設備資金などの場合、最長10年程度まで猶予されることもあります。運転資金に関しては、3~5年の返済期間が多いです。

月々の返済額を算出し、事業計画との整合性を図ることが大切です。

3-3.開業に必要な手続きと書類

開業に必要な手続きや書類については、開業届の提出が最初の大切なステップです。

開業届は税務署に提出する必要があり、事業開始の30日前までに行う必要があります。併せて消費税および所得税の申告も必要です。確定申告書を作成し、納税を行うことが求められます。さらに、業種や事業内容に応じて、営業許可証や飲食店営業許可証など、必要な許認可の取得手続きも欠かせません。

これらの手続きは複雑な場合があるので、行政書士や税理士などの専門家に相談し、サポートを受けることをおすすめします。手続きを確実に進めることが、事業を円滑にスタートできるかどうかのカギを握っていると言えるでしょう。

4.事例から学ぶ:業種ごとの開業資金と成功事例

4-1.ラーメン屋の開業資金と成功事例

ラーメン屋を開業する場合、必要な資金は平均で500万円程度と言われています。この金額には店舗の改装費や厨房機器の購入費などの初期投資に加え、人件費や食材費などの運転資金が含まれます。

ラーメン屋開業の成功事例を見ると、失敗を恐れずに自分の個性を出した店づくりを行うことが共通点としてあげられます。例えば、地域の食材を使ったラーメンを提供することで、地域に根ざしたファンを獲得した店もあります。

一方で、立地選びを誤る、値段設定を誤るなどの失敗例も少なくありません。リスクを軽減するためには、事前の市場調査や豊富な知識が必要不可欠です。専門家のアドバイスを受けることも有効な対策の一つです。

4-2.業種別開業資金の平均額と範囲

業種別に見た開業に必要な資金の平均額は、飲食店で500万円程度、小売店で300万円程度です。飲食店のほうが店舗面積が大きく厨房機器など初期コストがかさむことが要因です。

一方で、IT関連のベンチャー企業では初期投資額は少なくて済みますが、人件費などの運転資金が多くかかる傾向にあります。ネットショップの場合も、在庫リスクが少ない分、300万円程度で開業できるケースが多いでしょう。

業種や事業内容によって必要資金に大きな開きがあることを知っておくことが重要です。事前に十分なマーケット調査を行い、自分の事業に合った資金計画を立てましょう。

4-3.独立開業の準備期間とスケジュール

独立開業の準備期間は、事業計画の作成から必要な許認可の取得、店舗の改装や備品の調達など、事業の内容によって異なりますが、少なくとも6ヶ月から1年は必要です。まずは事業計画書を作成し、資金調達方法を検討します。次に店舗候補地の選定、契約を行います。その後、店舗の改装、厨房機器などの調達、従業員の採用と研修を行います。

スケジュール的には、まず事業計画作成から資金調達が3ヶ月程度、店舗契約から開店までが3ヶ月程度のスパンが一般的です。事業内容によって期間は異なりますが、ゆとりをもったスケジュールが失敗しにくいでしょう。

5.リスク管理:開業失敗時と資金調達のリスクへの対策

5-1.開業失敗時のリスクとその対策

独立開業を目指す方にとって、開業資金の調達は大きな課題です。開業に必要な資金は業種や規模によって異なりますが、日本政策金融公庫の調査によると、飲食店の場合、初期投資額は平均500万円程度、運転資金は300万円程度が必要とされています。

開業資金の調達方法としては、公的機関や信用保証協会からの融資、補助金・助成金、個人向けローン等があります。失敗時のリスクとして、借入金の返済負担が大きいことがあげられます。対策として、実現可能なビジネスプランを策定し、収支計画に十分な余裕を見込むことが重要です。また専門家のアドバイスを受けることで、リスクを軽減できるでしょう。

5-2.自己資金以外での資金調達時のリスクとそれへの対策

自己資金以外での資金調達方法として、公的機関や金融機関からの融資があります。

しかし、借入金の返済が困難になるリスクが高まります。対策として、実現可能な事業計画を立て、収支のシミュレーションを行うことが大切です。月々の返済額に対し、十分な売上高が見込めるか検討しましょう。また担保や保証人を用意できない場合、信用保証協会の保証付き融資を活用することで、条件面で有利になることが期待できます。

5-3.自信を持って独立開業へ

経営のノウハウと成功事例独立開業を目指す方は、成功事例を参考に自信を持つことが大切です。

例えば、飲食店経営者のAさんは「学生時代からの夢だったカフェを実現する」ため、30歳で独立開業しました。事前に多くの成功事例を研究し、経営のノウハウを身につけました。開業から5年が経過し、Aさんのカフェは地域No.1の人気店となっています。

このように、独立開業にはリスクもありますが、事前の準備をしっかり行い、自分の強みを活かせば成功できる可能性が高いのです。夢をあきらめずに、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

6.まとめ

独立開業を成功させるためには、事前の準備が欠かせません。

資金調達の方法や必要な資金の平均額を把握し、自分のビジネスに合った計画を立てることが重要です。また、失敗時のリスクに備えて、事業計画の信憑性を高めるためにも、専門家のアドバイスを受けるなど、適切なサポートを活用することも大切です。

夢を実現させるためには、着実な準備と自信を持って一歩踏み出すことが肝要です。

弊社が提供する弊社はパーソナル独立支援コーチング「ビズクリアコーチング」では、

  • 起業したいけど、もう一歩踏み出せない
  • 起業のアイデアが決まらない
  • 自分に何が向いているかを考えたい

という悩みを抱えている人のための起業コーチングサービスです。現在、無料カウンセリングを実施しています。本気で起業・独立したい方はぜひLINEからお申込みください。

投稿者

  • 石川泰

    東京理科大学を卒業後、株式会社IICパートナーズ、野村證券株式会社、SBIベネフィット・システムズ株式会社にて、年金数理、確定拠出年金にかかわる営業、監督官庁等との確定拠出年金法案の折衝業務など一貫して年金関連の業務に従事。その後、2021年に株式会社LIFE FABを立ち上げ、代表取締役に就任する。そのほか、SBI大学院大学にてMBAを取得。元プロボクサーとして1戦1勝1KOの実績も持つ。

関連記事



カテゴリー

人気記事ランキング

  1. フランチャイズ 起業・独立

    【脱サラ必見!】あなたにピッタリの働き方…

    起業の方法として、実店舗の自営業の…

  2. ピックアップ 起業・独立

    脱サラ失敗を防ぐ!起業成功の秘訣と身につ…

    リスクを理解し、十分な準備をすれば…

  3. 女性起業 起業・独立

    看護師のための起業ガイド:成功するマーケ…

    看護師の方で企業を目指している方必…

  4. 起業・独立

    起業が失敗しやすい人の特徴は?

    起業を夢見る人は多いですが、成功す…

  5. フランチャイズ 起業・独立

    フランチャイズ独立のメリットとデメリット…

    フランチャイズ独立を考える際、開業…

  6. 起業・独立

    起業の勉強を始めよう!マーケティング・資…

    経営者として成功するためには、効率…

  7. 起業・独立

    起業成功の秘訣:2023年最新、成功しや…

    成功する起業の秘訣を紹介します。需…

  8. おすすめ記事 フランチャイズ 起業・独立

    良いフランチャイズ本部の見分け方!

    良いフランチャイズ本部を見極めるポ…

border