独立したい
独立したい!

フランチャイズ開業の成功事例から見るおすすめフランチャイズ

「自分のお店を持ちたい」と考えるなら、フランチャイズ開業は選択肢の一つです。成功事例を元に、価値あるフランチャイズを厳選してご紹介。経営スタイルやライフスタイルに合ったフランチャイズを選んで成功を目指しましょう。
目次
  1. 1.フランチャイズ開業の魅力とリスク
    1. 1-1.フランチャイズ開業のメリット
    2. 1-2.フランチャイズ開業のデメリット
    3. 1-3.フランチャイズ開業の成功要因
  2. 2.フランチャイズ選び方ガイド
    1. 2-1.フランチャイズの業種選定
    2. 2-2.各フランチャイズの特徴比較
      1. 【1】本部のブランド
      2. 【2】本部から供給される商品やサービスの質
      3. 【3】取扱商品の市場性
      4. 【4】本部の教育・指導体制
    3. 2-3.フランチャイズ本部のサポート体制
    4. 2-4.本部と加盟店の関係性とは?
  3. 3.開業前に押さえたい!フランチャイズの開業費用と収益予測
    1. 3-1.フランチャイズの開業費用
    2. 3-2.フランチャイズの収益モデル
    3. 3-3.フランチャイズの収益予測とその現実
  4. 4.フランチャイズ開業の失敗事例とその対策
    1. 4-1.フランチャイズ開業の失敗事例
    2. 4-2.失敗事例から学ぶリスク管理
    3. 4-3.フランチャイズ開業のピットフォールと回避策
  5. 5.フランチャイズ運営ノウハウと市場情報
    1. 5-1.フランチャイズ開業後の運営ノウハウ
    2. 5-2.フランチャイズの競合分析と対策
    3. 5-3.特定業種・ブランドに対する市場評価と口コミ
  6. 6.成功事例から見るおすすめフランチャイズ
    1. 6-1.業界別おすすめフランチャイズ
    2. 6-2.フランチャイズ開業成功事例の共通点
    3. 6-3.各フランチャイズの特徴と評価
    4. 6-4.今後の成長が期待できるフランチャイズ
    5. 7.まとめ

いつかは自分のお店を持ちたい、

そう考えたことはありませんか?それならフランチャイズ開業が一つの選択肢となるかもしれません。しかし、本当に自分に合ったフランチャイズを見つけるのは難しいもの。メリットやデメリットはどうなのか、サポート体制は整っているのか、失敗しないための対策はあるのか……などなど、じつに多くの疑問や不安が浮かびあがります。

そこで今回は、フランチャイズ成功事例を元に、本当に価値あるおすすめのフランチャイズを数点ご紹介します。一人ひとりの経営スタイルやライフスタイルに合ったフランチャイズを選び、成功への一歩を踏み出しましょう!

また、弊社はパーソナル独立支援コーチング「ビズクリアコーチング」を提供しています。

パーソナル独立支援コーチング「ビズクリアコーチング」は、独立や起業をお考えの方に特化したコーチングサービスです。

「やりたいことで生きていく」その一つの手段が「起業・独立」です

しかし、何から始めればよいのか分からず、行動に移せずにいませんか?

そんな状況から抜け出すために、起業経験のあるプロのコーチがあなたを全力でサポートします。

「ビズクリアコーチング」では、あなたの夢や目標、強み、経験を洗い出し、ビジネスプランを立てます。

自己分析・具体的な行動計画・起業のアイデア出し、事業計画書の立て方など一歩一歩実行に移していきます。

独立や起業は決して簡単なことではありません。

ですが、ビズクリアコーチングのコーチは常にあなたの可能性を信じて、人生を変えられるきっかけとなるようサポートします。現在、無料カウンセリングを実施しています。本気で起業・独立したい方はぜひLINEからお申込みください。

1.フランチャイズ開業の魅力とリスク

1-1.フランチャイズ開業のメリット

フランチャイズ開業のメリットを以下の通りです。

  • 成功の確率が高い
  • 開業のハードルが低い
  • 本部からの強力なサポート
  • 仕入れコストの圧縮

まず最初に挙げられるのが、「成功の確率が高い」ことです。すでに確立されたビジネスモデルとブランド力があるため、初めての開業には有利です。

また、「開業のハードルが低い」という点も魅力の一つ。具体的な運営ノウハウや教育プログラムが用意されているため、未経験でも安心してスタートできます。

さらに、「本部からの強力なサポート」も見逃せません。多くのフランチャイズ本部は、新商品開発や広告活動など、後方業務をサポートします。これにより、オーナーは店舗運営に集中できます。

また、一定の規模を持つフランチャイズ企業ならではの「仕入れコストの圧縮」も大きなメリットです。しかし、全てが順風満帆とは限りません。契約内容や本部の方針に縛られることもあるため、自分に合ったFC(フランチャイズ)を選ぶことが大切です。

成功事例を参考にしながら、自分に最適なフランチャイズ選びを進めていきましょう。

1-2.フランチャイズ開業のデメリット

それでは、フランチャイズ開業のデメリットについて見ていきましょう。デメリットは以下の通りです。

  • 自由が制限される
  • 加盟店が増えれば競争が激化する
  • 本部の経営状況が加盟店に影響する

まず最初は、「自由が制限される」という点です。フランチャイズは本部から提供される運営マニュアルに従いますが、これが逆に自由な発想や施策を行うチャンスを奪う場合があるのです。

次に、「加盟店が増えれば競争が激化する」問題です。同じフランチャイズが近隣に出店すれば、それはあなたの直接的な競争相手となります。

加えて、「本部の経営状況が加盟店に影響する」可能性もあるのです。本部が倒産すれば自店舗にも大きな影響を及ぼします。

どんな事業でもリスクはつきもの。だからこそ優良なフランチャイズを見つけるだけでなく、リスクについてもしっかり理解した上で、進むべき道を選びましょう。全ての出店条件や加盟契約をくまなくチェックすること、それが成功への一歩となるのです。

1-3.フランチャイズ開業の成功要因

フランチャイズ開業の成功要因は以下の通りです。

  • 適性と情熱
  • 事業計画の策定
  • 十分な資本力
  • 本部との良好な関係性

「適性と情熱」では、例えば、お子様好みの食事が得意なある女性がファミレスのフランチャイズを選び、地域一内で評価を得たケースがあります。

「事業計画の策定」では、資金面に余裕があった男性が、先見の明を活かしてスポーツジムを展開し、成功を収めたエピソードがあります。

「資本力」は無視できない要素で、余裕のある資金計画が成功につながるものです。

最終的には「本部との良好な関係性」が必要で、本部からのきめ細かなサポートや研修が成功に寄与した事例も少なくありません。

フランチャイズ開業をする際、自身の情熱や適性、資本力等を見つめ直すことが大切です。そして、そのフランチャイズが自分にとって最適なものであると感じたら、思い切って一歩踏み込んでみてください。

2.フランチャイズ選び方ガイド

2-1.フランチャイズの業種選定

フランチャイズを選ぶ際の一つ目のステップ、それは業種選定です。

業種選定とは、自分が何のビジネスに取り組むかを決めること。フランチャイズを検索したときに出てくる数々の業種、その中にはいったい何が含まれるのでしょう?

それは飲食店から美容室、教育関係、小売りなど、数多くあります。これほどまでにある業種の中から選ぶ、となると一見して大変そうに思えますね。しかし、ポイントを押さえることで、業種選定はもっと身近でわかりやすいものになります。

まずは、「自分がどの業種に興味があるか」をチェックすることが大切です。自分が興味のある業種であれば、そのビジネスを深く理解しやすくなる一方で、業務遂行のモチベーション保持にも繋がります。次に、自分の経験やスキルが活かせる業種を探すことも重要です。そして、最後に忘れてはならないのが「市場性」です。自分が開業したい地域のニーズをリサーチし、将来性のある業種を選び出すことが求められます。

それぞれの業種の特性を勉強し、自分に合った1つを見つけ出しましょう。そうすれば、失敗リスクを軽減しながら、個々のビジネスを成功に導く確率が高まります。

2-2.各フランチャイズの特徴比較

さて、業種選定が完了したら次に進むべきは各フランチャイズの特徴比較です。これから紹介するフランチャイズ選択のポイントは、まさにfc おすすめの核となるものです。

【1】本部のブランド

そのブランドがもつ信頼性や認知度、加盟店としての魅力を評価します。

【2】本部から供給される商品やサービスの質

その商品の魅力を客観的に評価し、競合他社と比較します。

【3】取扱商品の市場性

その商品が需要のあるものであるかどうか重要です。

【4】本部の教育・指導体制

本部がどれだけ店舗経営についてサポートをしてくれるか、また、他のスキルを磨く機会があるかも見てみましょう。

ほかにも、開業費用や運営ノウハウ、成功・失敗事例など、具体的な情報を調査し、自分にとってベストなフランチャイズを見つけることが大切です。

2-3.フランチャイズ本部のサポート体制

適切なフランチャイズを選ぶためには、開業後のサポート体制も見逃せません。フランチャイズの大きな魅力の一つは、本部からの総力戦とも言えるサポートです。

考えてみてください。川に浮かぶ無人島に放り出されたとしましょう。食べ物を探し水を確保するためにはどうするのがベストでしょうか。フランチャイズは、その宝の地図となる存在です。フランチャイズ本部はあなたが必要とするビジネスノウハウや教育を提供します。具体的には、営業ノウハウや商品知識、スタッフの教育方法、集客についての知識など、フランチャイズビジネスを成功に導くためのツールを提供します。

離れた場所にいても、本部と連携してスムーズな店舗運営が可能となり、フランチャイズならではの強みを享受することができます。また、本部からの情報提供が、最新の市場トレンドを把握する貴重な手段ともなります。よって、本部のサポート体制を重視することで、安心してビジネスに取り組むことが可能です。しかし、体制や内容はフランチャイズごとに異なるため、自分のビジネスに最適なものを見つけることが重要です。

2-4.本部と加盟店の関係性とは?

本部と加盟店の関係性について考えるとき、「親子」や「教師と生徒」といったイメージが浮かぶ方も多いかもしれません。しかし、厳密にはフランチャイズ本部と加盟店という「パートナーシップ」の方が適切な表現と言えます。

フランチャイズでは、本部が経営ノウハウを提供する一方で、加盟店はそれをもとに事業を運営します。成功を収めるには両者の協力関係が不可欠です。フランチャイズを選ぶとき、必ずしも大きなブランドに目を向けるだけではなく、この「本部と加盟店の関係性」を理解し、評価する視点が重要です。

意見の提案や交換ができるか。本部が加盟店を大切に思い、かつ厳しく指導してくれるか。逆に、加盟店が本部から学び、また教えてもらう態度があるか。まさに人間関係と同じで、相互の理解と思いやりが、良好な関係を築き–その結果としてビジネスの成功を導く鍵となります。

あらかじめ、実際の加盟店のオーナーから収集した情報や評判、口コミなどを参考にして、人間間のつながりを感じるデータを判断材料に加えることをおすすめします。

3.開業前に押さえたい!フランチャイズの開業費用と収益予測

3-1.フランチャイズの開業費用

初めてのビジネス開業にフランチャイズは大変有益ですが、初期投資は決して軽視出来ません。

具体的な料金は業種やブランドによりますが、例えば人気のカフェフランチャイズを開業するとなると、装飾費用、家賃、教育コストなどを含めて2000万円程度は見込まなければなりません。その上、ロイヤリティや広告費も毎月発生します。これは、フランチャイズの一部を本部に返す料金です。

しかし、全ては自分ひとりで完結しなければならない一からの起業と違い、フランチャイズなら既に確立されたビジネスモデルとブランド力、本部の支援を得られます。また、当然ながら開業費用に対し収益が見込めるかどうかも重要です。

収益予測は加盟前に本部から提供されますが、リアルな収益を知るためには現役オーナーやフランチャイズの口コミサイトなどで情報収集することをオススメします。

3-2.フランチャイズの収益モデル

フランチャイズの収益モデルについて詳しく見ていきましょう。フランチャイズを選ぶ際、先ほども触れた通り、開業費用と対しての収益が最も鍵となります。一般的にフランチャイズの収益は、大きく分けて『直接収益』と『間接収益』の2つに分けられます。

その道の先輩であるところの現場オーナーや口コミから具体的な収益状況を探ることも大切です。『直接収益』とは、具体的には商品やサービスの販売から生まれる収入のことを指しています。フランチャイズの中には、割引価格で商品を仕入れ、それを定価で販売することで利益を出すビジネスモデルのものも多いです。

一方、『間接収益』とは、広告収入やフランチャイズチェーン全体のブランド力アップによる名声などを指します。どちらの収益も重要で、それが一体となって、焦らず着実に事業を成長させる基盤となります。

フランチャイズとは、自分の店を開き、自分の夢を追いかける一方で、フランチャイズ全体のブランドが向上することで、更に大きな収益に繋がるといった相互関係で成り立つ商売なのです。

3-3.フランチャイズの収益予測とその現実

フランチャイズの開業に当たり、収益予測は非常に重要なステップとなります。フランチャイズの中でも、本部が提示する収益予測は、あくまで理想的なものとなります。日本の気候から地域性、自身の経営能力や経験など、多くの要素が関わるため、現場のオーナーから直接話を聞いたり、口コミ情報をリサーチすることを強く推奨します。

「だけど、そこまでするのは面倒…」と感じるかもしれません。しかし、お金と時間を投資するビジネスパートナーを選ぶのですから、少々の手間は当然と考えてください。

また、考えてみてください。本当に力を入れて事業を展開し、理想の収益を実現したオーナーの物語に触れることで、きっとあなた自身も前向きな気持ちになるはずです。

4.フランチャイズ開業の失敗事例とその対策

4-1.フランチャイズ開業の失敗事例

フランチャイズ選び、失敗したなんて言えませんよね?でも、事実は否応なく目の前に立ちはだかります。失敗事例は避けがたく、また学ぶべき事柄でもあります。一例として、フード系フランチャイズの失敗体験をお話ししましょう。

Aさんはフード系フランチャイズに参入しました。しかし、彼が選んだフランチャイズは新興鎖で、運用ノウハウがまだ不十分だったのです。売上は伸びず、本部からの助言も一般論で具体的な助けにはならないものばかり。思うように店舗が回らず、ついには倒産…これが、フランチャイズ選びに失敗した一例です。

「失敗したくない」と思いませんか?そこで目を向けたいのが、稼げるフランチャイズの選び方です。一つは実績のあるフランチャイズを選ぶこと。また、本部の支援体制をしっかりと見極めることも重要なポイントですね。これらを遵守することで、あなたのフランチャイズ開業も成功する一歩を踏み出せるでしょう。

4-2.失敗事例から学ぶリスク管理

リスク管理は業務を円滑に進めるために欠かせない要素です。フランチャイズの開業で心に描くビジョンに近づくためには、具体的な戦略が求められます。そんな中で大切な視点こそ、事業内容や市場の現状把握です。「商品が売れない」「客足が遠のく」等、ビジネスには様々な困難が待ち構えています。それらを予測し、適切な対策を打つためには、まず各業種の市場動向を把握しましょう。

また、参入しようとする市場が成熟しているか、クセのある商品を扱っていないか、必要な初期投資や人材、運用ノウハウをしっかりと把握することが大切です。また、既存のフランチャイズがどのように競合と差別化しているのか、口コミや評判はどうなのか探る努力も必要です。

これらは、新規参入や業界変更を考えているあなたが、無理なく準備できる「予防策」です。計算されたリスクで分散投資を心がけ、異なる視点で事業リスクをコントロールしましょう。

次は、運営ノウハウと市場情報について解説します。

4-3.フランチャイズ開業のピットフォールと回避策

フランチャイズ開業する際のピットフォールとその回避策について見ていきましょう。まず最初に挙げられるのは「業者選び」の難しさです。フランチャイズと一口に言っても、業界や業者によって運営スタイルや契約内容は大きく異なるのが実情。加盟金の安さに目を奪われてしまうと、結果的に収益性の低いフランチャイズを選び、後悔するという事態も少なくありません。

一方で、本部のサポート体制が整っているフランチャイズを選べば、初めての経営でも安心して業務に取り組むことができます。また、周囲の競合店舗と自店舗との位置づけを明確にすることで、顧客へのアピールポイントを明確にすることも大切です。もし競合店舗が多い地域であれば、他店との差別化を図り、それを活かしたマーケティング戦略を立てることが求められます。

以上のようなポイントを踏まえ、自分に合った業者選びをしていくことで、「失敗しないフランチャイズ選び」が可能になります。

5.フランチャイズ運営ノウハウと市場情報

5-1.フランチャイズ開業後の運営ノウハウ

フランチャイズ開業したての時、前途多難な状況に立たされることもあるでしょう。

そんな時、必要なのが運営ノウハウです。フランチャイズ経営では、運営後に直面する問題解決のため、深い洞察力が求められます。その助けとなるのが本部のサポートです。それに、フランチャイズ加盟店として成功を収めるためには、競合分析も必須となります。「競合がいる」という受け取り方を変え、「競合から学ぶ」視点をもつことで、さらなる飛躍が期待できるのです。

市場評価や口コミを手がかりに、競合が何を求めているのかを理解すること。この「理解」こそが、運営ノウハウの一部なのです。あなたが抱える疑問や困りごとを、しっかりと共有すれば、本部が力になってくれるはずです。

5-2.フランチャイズの競合分析と対策

フランチャイズ選びで次に考えるべき重要な視点は、競合分析と対策です。

しょうゆより白しおのラーメンにするといった、一風堂がラーメン業界をシフトさせるきっかけになったのも、競合と違う策を練ることから生まれました。他店との差別化は、自分のフランチャイズの強みを見つけ、顧客に選ばれる理由を明確にするために欠かせません。

まずは、自分が参入しようとする業界の他のフランチャイズや競合する個店を調査しましょう。どのような経営戦略を取っているのか、どのようなサービスや商品を提供しているのか、そしてその評価はどうなのか。これらを理解し、自分の店舗で取り入れるべきポイントや改善すべきポイントを探ります。これが分析のステップです。そして、その結果から自分の店舗の戦略を立て、どのように差別化を図るのかを考えていくのです。ラーメン屋さんでいえば、スープや麺の味はもちろん、価格設定や営業時間、店舗のデザインなど、競合と差別化可能な要素はたくさんあります。

逆に、まったく同じような店舗ばかりでは、顧客はどこを選べばいいのか迷ってしまいます。 ここで大事なのは、ただ差別化するだけでなく、その差がお客様にとって価値あるものであること。そのためにも競合分析は適材適所で活用しましょう。

5-3.特定業種・ブランドに対する市場評価と口コミ

特定業種・ブランドに対する市場評価と口コミは、フランチャイズ選びの一つの判断軸となる重要な情報源です。市場評価は業績だけでなく、そのブランドがどれだけ信頼され、顧客に支持されているかを示します。例えば、あの有名な「吉野家」。創業から150年以上も続く老舗ブランドとして、難局を乗り越えながらもその地位を保っています。

一方、口コミはリアルタイムで更新される生の声。顧客満足度やリピート率、店舗の雰囲気やスタッフの対応など、数値では掴めない部分が分かります。しかし、一つ一つの声に一喜一憂するのではなく、全体のトレンドを見ることが大切です。市場評価と口コミ。この両輪を見据えつつ、自分が参入するフランチャイズを見極めましょう。

6.成功事例から見るおすすめフランチャイズ

6-1.業界別おすすめフランチャイズ

「自分にぴったりのフランチャイズを選びたい」と思っている皆さまに、業界別おすすめフランチャイズをご紹介していきます。まずは、最近人気上昇中の「カフェ」業界から。

珈琲の本場、イタリア発の「LAZEL」は、こだわりのイタリアンカフェが自慢で、本部支援もしっかりしていて初めての方でも安定運営が可能です。

それとは違い、日常的に利用できる「コンビニ」業界は、ローソンやセブン-イレブンなどの全国展開ブランドが安定的な利益を見込むことが可能です。

また、「教育」業界も見逃せません。子供から大人まで幅広い層をターゲットにした「ビズクリアコーチング」は、その個別対応のビジネスモデルで注目を集めています。

ただし、何を選ぶかは「自分の興味・経験・知識」も大切な選択基準と言えます。フランチャイズは、一緒に長く付き合っていくパートナーです。好きな業界、興味がある業界を選んで、更に調査を進めてみてくださいね。

6-2.フランチャイズ開業成功事例の共通点

成功するフランチャイズの選び方や業種は様々ですが、「起業の成功事例から共通する要点」を探すことが肝心です。これまで述べてきた「LAZEL」や「ローソン」といった成功事例を見ても、その共通点は「本部のサポート体制の充実」や「自身の興味・経験・知識を活かせる業種選択」などが挙げられます。

「本部のサポート体制の充実」について言えば、フランチャイズを選ぶ上で最も大事なポイントの一つです。成功したfcの中には、開業に至るまでの詳細なガイドライン提供や、開業後の継続的な店舗運営支援、問題が発生したときの即時対応体制等、本部のサポート体制が万全のものが多いです。

それから「自身の興味・経験・知識を活かせる業種選択」は、起業成功への大切なステップです。自分が何に興味があり、何を得意としているのかを知ることで、適したフランチャイズを見つけ出すことが可能です。また、自分の持つ経験や知識を活かしたビジネス展開は、運営の成功へと繋がります。

つまり、あなた自身が適したフランチャイズを見つけるためには、事業に対する自身の関心と、本部のサポート体制を重視することが大切と言えます。確固たる成功事例から見えてくる共通点を掴み、あなたにとって最適なフランチャイズ選びをしてみてください。

6-3.各フランチャイズの特徴と評価

自分にぴったりのフランチャイズを探すうえで、各フランチャイズの特徴と評価を知ることも重要な一歩です。上記でご紹介した「LAZEL」、「ローソン」の特徴と評価を引き続き探求してみましょう。’LAZEL’は、本場イタリアの味を再現し、個性的なカフェ文化を提案することで支持を集めています。評価も高く、フランチャイジーの満足度も高いことで知られています。一方、「ローソン」は、商品のバリエーションの豊富さと、地域密着型の運営が評価されています。また、本部のサポートが手厚く、運営ノウハウをしっかりと伝えてくれるところも魅力です。

これらのフランチャイズは、それぞれが独自の強みと高い評価を持っています。あなたがどんなフランチャイズを選ぶにせよ、これらの特徴や評価を参考に、自分が満足できるフランチャイズ選びをしていきましょう。

6-4.今後の成長が期待できるフランチャイズ

では、これから見込みのあるフランチャイズと注目点について考察していきましょう。

あたりまえの話ですが、ビジネスは未来を見据えて行うもの。「これからの需要」という観点から見て、「老後生活支援」や「ITエンジニア養成」などの業界は大きな伸びしろを持っています。この業界では、具体的には「イージーホーム」や「ポックス塾」などが挙げられます。「イージーホーム」は、高齢者向け住宅のリフォームを手がけ、充実した老後生活をサポートしている一方、「ポックス塾」はITエンジニアを育成するスクールで、IT技術がますます重要になるここ最近の移り変わりにしっかり対応しています。これらは共に個別指導と本部の強力なサポート体制が評価されていて、業界的な需要と個々の強みがマッチしています。

未来に向けて新たな取り組みを考える中で、経緯や自身の興味にマッチしたフランチャイズを選び、成功のチャンスを掴んでください。

7.まとめ

さて、フランチャイズを選ぶコツとは一体何でしょうか。

フランチャイズに関してどんどん情報を集めることも大切ですが、最終的には「自分が本当にやりたいことは何か」「自分の経験やスキルを活かせるフランチャイズは何か」を見つめ直すことが必要となります。自分の専門性を活かして独立するケースもありますし、逆に「ローソン」のように安定性を求めて全く新しい業界に挑戦するケースもあります。また、「LAZEL」のように自分のライフスタイルに合うフランチャイズを選ぶというのも一つの選択肢です。

あなたが「色々なフランチャイズを見つけても、それらはあくまで選択肢の一つです。それらを見極めて、しっかりと自分自身と向き合い、自分にピッタリのフランチャイズを見つけてみてください。それが、最も大切なフランチャイズ選びのコツと言えるでしょう。

弊社が提供する弊社はパーソナル独立支援コーチング「ビズクリアコーチング」では、

  • 起業したいけど、もう一歩踏み出せない
  • 起業のアイデアが決まらない
  • 自分に何が向いているかを考えたい

という悩みを抱えている人のための起業コーチングサービスです。現在、無料カウンセリングを実施しています。本気で起業・独立したい方はぜひLINEからお申込みください。

投稿者

  • 石川泰

    東京理科大学を卒業後、株式会社IICパートナーズ、野村證券株式会社、SBIベネフィット・システムズ株式会社にて、年金数理、確定拠出年金にかかわる営業、監督官庁等との確定拠出年金法案の折衝業務など一貫して年金関連の業務に従事。その後、2021年に株式会社LIFE FABを立ち上げ、代表取締役に就任する。そのほか、SBI大学院大学にてMBAを取得。元プロボクサーとして1戦1勝1KOの実績も持つ。

関連記事



カテゴリー

人気記事ランキング

  1. フランチャイズ 起業・独立

    【脱サラ必見!】あなたにピッタリの働き方…

    起業の方法として、実店舗の自営業の…

  2. ピックアップ 起業・独立

    脱サラ失敗を防ぐ!起業成功の秘訣と身につ…

    リスクを理解し、十分な準備をすれば…

  3. 女性起業 起業・独立

    看護師のための起業ガイド:成功するマーケ…

    看護師の方で企業を目指している方必…

  4. 起業・独立

    起業が失敗しやすい人の特徴は?

    起業を夢見る人は多いですが、成功す…

  5. フランチャイズ 起業・独立

    フランチャイズ独立のメリットとデメリット…

    フランチャイズ独立を考える際、開業…

  6. 起業・独立

    起業の勉強を始めよう!マーケティング・資…

    経営者として成功するためには、効率…

  7. 起業・独立

    起業成功の秘訣:2023年最新、成功しや…

    成功する起業の秘訣を紹介します。需…

  8. おすすめ記事 フランチャイズ 起業・独立

    良いフランチャイズ本部の見分け方!

    良いフランチャイズ本部を見極めるポ…

border