独立したい
独立したい!

フランチャイズ料の相場及び計算方法!【30代サラリーマン必見】

フランチャイズを始める際には、加盟金やロイヤリティの相場を知ることが重要です。実際には幅があり、フランチャイズごとに異なる料金設定があります。しっかりと情報収集をして、適切なフランチャイズを選ぶことが成功への第一歩です。

フランチャイズを始めようと考えている方も多いのではないでしょうか。確かにフランチャイズは自分の店を持つ魅力的な選択肢の一つです。

しかし、フランチャイズを始める前に知っておきたいことがたくさんあります。特にフランチャイズ料の相場とその決め方は重要なポイントです。

フランチャイズ料には「加盟金」と「ロイヤリティ」の2つが主なものです。加盟金は数百万円から数千万円と幅がありますし、ロイヤリティは売上の5~10%ほどが相場だと言われています。

しかし、本当にその通りなのでしょうか? 実際には加盟金やロイヤリティの相場には幅があるうえ、フランチャイズによって大きな開きがあります。フランチャイズを選ぶ際、料金面の判断材料が足りていないと後々痛い目に遭う可能性があります。

そこで今回は、フランチャイズ料の相場と料金の決め方について詳しく解説します。ぜひ参考にしてフランチャイズ選びの一助としてください。

また、弊社はパーソナル独立支援コーチング「ビズクリアコーチング」を提供しています。

パーソナル独立支援コーチング「ビズクリアコーチング」は、独立や起業をお考えの方に特化したコーチングサービスです。

「やりたいことで生きていく」その一つの手段が「起業・独立」です

しかし、何から始めればよいのか分からず、行動に移せずにいませんか?

そんな状況から抜け出すために、起業経験のあるプロのコーチがあなたを全力でサポートします。

「ビズクリアコーチング」では、あなたの夢や目標、強み、経験を洗い出し、ビジネスプランを立てます。

自己分析・具体的な行動計画・起業のアイデア出し、事業計画書の立て方など一歩一歩実行に移していきます。

独立や起業は決して簡単なことではありません。

ですが、ビズクリアコーチングのコーチは常にあなたの可能性を信じて、人生を変えられるきっかけとなるようサポートします。現在、無料カウンセリングを実施しています。本気で起業・独立したい方はぜひLINEからお申込みください。

1.フランチャイズ料の相場について

1-1.フランチャイズ料の一般的な相場

フランチャイズ料の一般的な相場は、業種や規模によって大きく異なります。例えば、飲食業界では加盟金が300万円から500万円程度、ロイヤリティが売上の3%から5%程度が相場とされています。一方、小売業では加盟金が100万円から300万円程度、ロイヤリティが売上の1%から3%程度が一般的です。

ただし、これらはあくまで目安であり、個別のフランチャイズによって条件は大きく異なります。例えば、高級レストランのフランチャイズでは、加盟金が1,000万円を超えるケースもあれば、ローコストな飲食チェーンでは加盟金が100万円程度のこともあります。

フランチャイズ料は、加盟店の売上や利益に大きな影響を与えるため、加盟を検討する際は十分な調査と検討が必要です。「この加盟金とロイヤリティなら、採算が取れるだろうか?」と自問自答しながら、慎重に判断することが大切ですね。

1-2.フランチャイズのロイヤリティの相場

次に、フランチャイズのロイヤリティの相場について見ていきましょう。ロイヤリティとは、フランチャイズ本部に対して支払う継続的な対価のことです。その計算方法は、売上歩合方式、粗利分配方式、定額方式の3つに大別されます。

売上歩合方式は、売上高に一定の料率を乗じて算出する方法で、飲食業界では売上の3%から6%程度が一般的とされています。粗利分配方式は、売上総利益に一定の料率を乗じる方式で、小売業界で多く採用されており、粗利の30%から50%程度が相場です。定額方式は、売上高に関わらず一定額を支払う方式で、教育業界などで見られます。

ロイヤリティは、加盟店の売上や利益に直結するため、加盟を検討する際は注意深く確認しましょう。「この料率なら、十分な利益を確保できるだろうか?」と自問自答することが大切ですね。また、ロイヤリティの対価として、どのような支援やサービスが受けられるのかも重要なポイントです。

1-3.加盟金支払いに関する情報

加盟金は、フランチャイズ加盟時に一括で支払う初期費用です。飲食やサービス系のフランチャイズの加盟金は、数百万円から千万円程度が相場です。加盟金の高さは、フランチャイズの知名度や実績、ノウハウの内容を反映しています。

例えば、全国区の大手フランチャイズの加盟金は、千万円を超えるケースも少なくありません。一方で、ローカルフランチャイズや新規参入のフランチャイズでは、数百万円台の加盟金設定もあります。加盟金以外にも教育訓練費や店舗改装費などの費用がかかる点に注意が必要です。

資金繰りは事前にシミュレーションを行うことが大切です。

1-4.ロイヤリティ計算方式(売上歩合方式、粗利分配方式、定額方式)

フランチャイズのロイヤリティ計算には、売上高比例方式、利益分配方式、定額方式の3つが主な方法です。

売上高比例方式は、売上高の3~10%をロイヤリティとして支払うもので、飲食や小売業などの分野でよく使われます。売上と利益がリンクしやすい業種に適しています。

利益分配方式は、売上から経費を引いた利益の一定割合を支払う方式で、利益を基準にした公平な料金体系が特徴です。

定額方式は、月額あるいは年額で決まった固定料金を支払う方式で、初期費用を抑えられるメリットがあります。

フランチャイジー各社の事業内容や経営状況に応じ、適した計算方式を選ぶことが大切です。

2.フランチャイズのメリットとデメリット

2-1.フランチャイズにおける教育、研修、経営支援などのサービス

フランチャイズにおける教育や研修は、加盟店の経営を支援する大切なサービスです。

フランチャイザーは、加盟店オーナーと従業員を対象に、事業の仕組みやノウハウを学ぶ研修を実施します。研修費用は加盟金に含まれることが多く、加盟後も定期的な研修が受講できます。また、経営や販売のアドバイス、プロモーション、ITシステムのサポートなど、幅広い経営支援が受けられるのが強みです。一方で、研修費や人件費などの経費負担が発生する点にも注意が必要です。

2-2.フランチャイズのメリット

フランチャイズのメリットとして、まずブランド力の活用があげられます。

すでに知名度の高いフランチャイズ加盟店の場合、個人で店を始めるよりも集客力が高く、安定した売り上げが見込めます。次にノウハウの提供です。フランチャイザーから店舗運営や商品開発など、実績のあるノウハウを学ぶことができます。

さらに共同仕入れによるコスト削減もメリットの1つです。フランチャイズ全体で原材料をまとめ買いすることで、個店よりも安く仕入れることが可能になります。

一方で、加盟店はフランチャイザーの決めた商品価格や販売方法を守る必要があるなど、自由度に制限もあります。

2-3.フランチャイズのデメリット

フランチャイズのデメリットとして、まずフランチャイザーへの依存度が高いことがあげられます。商品の価格設定や販売方法など、運営方針に制約を受けるため、自由度が制限されます。

次に、加盟店は定期的にロイヤリティや広告宣伝費などを支払う義務があります。売上に左右されず固定費負担が発生するリスクがあります。

さらに契約更新の際、想定外の条件変更をフランチャイザーから突然通告される可能性も否定できません。個店経営と比べても、フランチャイズはメリット・デメリットが存在することを理解し、自分に合った形で選択することが大切です。

3.フランチャイズ加盟時の諸費用

3-1.フランチャイズ加盟時の諸費用の概要

フランチャイズ加盟時には、様々な初期費用が発生します。代表的なものとして、加盟金、教育訓練費、店舗改装費などがあります。

加盟金は、フランチャイズを利用する権利を得るための費用です。一般的には数百万円から数千万円程度が相場です。加盟前の事前調査や契約締結にかかる弁護士費用も必要になるでしょう。

教育訓練費は、フランチャイズ本部が実施する研修に参加するための費用です。店長やスタッフ向けの研修が含まれ、数十万円から数百万円程度が一般的です。

店舗改装費は、フランチャイズのコンセプトに合わせた内装や設備を整えるための費用です。規模や業態にもよりますが、数千万円規模の場合も少なくありません。資金繰りや収支計画を慎重に立てる必要があります。

3-2.教育訓練費、設備費、店舗改装費などの詳細

フランチャイズ加盟時には、教育訓練費や設備費、店舗改装費などの初期投資が必要です。教育訓練費は、本部が実施する研修に参加するための費用で、数十万円から数百万円程度が一般的です。

店舗改装費は、フランチャイズのコンセプトに合わせて内装や設備を整える費用で、規模や業態によっては数千万円規模になるケースもあります。資金繰りや収支計画は慎重に立てる必要があります。

例えばコンビニフランチャイズの場合、改装費は1億円程度、飲食店の場合は5000万円程度が相場です。起業には多額の初期投資が伴いますが、フランチャイズならノウハウや支援を得られるメリットも大きいです。

3-3.フランチャイズ営業の資金繰り計画や収支予測の方法

フランチャイズ営業を始める際、資金繰りは大切なポイントです。

まずは事業計画書を作成し、必要な資金を正確に見積もることが重要です。次に資金調達方法を検討します。自己資金に加え、金融機関からの借入や補助金の活用などが考えられます。月次の売上やコストを予測し、キャッシュフローをシミュレーションすることで、資金不足に陥らない計画を立てましょう。

フランチャイザー各社が提供する起業セミナーや専門家のアドバイスも役立ちます。事業収支の見通しを立て、万全な資金計画を立てて事業をスタートしましょう。

4.フランチャイズの選択と事例

4-1.フランチャイズ本部選びの基準点や注意点

フランチャイズ本部を選ぶ際の基準点として、まずは安定した事業基盤を持っているかどうかを確認することが大切です。

具体的には創業からの年数、直営店舗数、加盟店舗数などから判断できます。次に、フランチャイジー(加盟者)へのサポート体制が整っているかを見極める必要があります。経営・営業・販売などのノウハウや人材育成、問題発生時の対応力などが充実しているか確認しましょう。さらに、契約条件や料金体系が加盟者にとってメリットがあるかどうかも大切なポイントです。

事業収支のシミュレーションを行い、利益が出せるか試算することをおすすめします。

4-2.具体的なフランチャイズ案例

フランチャイズの具体的な案例として、コンビニエンスストアのフランチャイズが有名です。

セブン-イレブンやローソン、ファミリーマートなどが主要チェーン店で、店舗数も多数に上ります。コンビニフランチャイズのメリットは24時間営業が可能で安定収入が見込めることです。一方で深夜勤務や在庫管理などの負担も大きいのが特徴です。飲食店のフランチャイズで成功している例としては、モスバーガーやココスがあります。商品のブランド力が高く、本部のサポート体制が整っていることが強みです。

失敗しやすいパターンは、ブランド力不足で集客力に欠ける場合です。十分なマーケティング力がないと厳しい状況に陥ります。

フランチャイズの選び方として大切なのは、自分の事業計画と本部のサポート内容がマッチしているか確認することです。

4-3.フランチャイズの成功・失敗要因

フランチャイズの成功・失敗要因として最も重要なのは、フランチャイジー自身の経営力や努力です。事業計画作成時の売上予測の甘さ、在庫管理や人材育成の甘さから失敗するケースが多いのです。

一方で、フランチャイズ本部のサポート不足も失敗の要因になります。開店支援が不十分な場合、スムーズに店舗を立ち上げられないことがあります。また、営業ノウハウや人材育成のサポートが手薄だと、事業を軌道に乗せるのが難しくなります。

成功するにはフランチャイジーと本部が一体となって取り組むことが欠かせません。本部はしっかりサポートし、フランチャイジーはそれを最大限活用することが大切なのです。

5.フランチャイズ事業の法的な規制と義務

5-1.フランチャイズ事業の法的背景

フランチャイズ事業を始める際、最も気になるのがフランチャイズ料の相場です。

フランチャイズ料には、加盟時の初期費用としての「加盟金」と、売上に応じて支払う「ロイヤリティ」の2つが主なものです。

ロイヤリティの具体的な計算方法としては、売上高の一定割合を取る「売上歩合方式」、売上総利益の一定割合を取る「粗利分配方式」、月額一定料金を取る「定額方式」の3パターンがあります。ロイヤリティの相場は業種・業態によって異なりますが、飲食系では売上高の5~10%程度、サービス業では3~8%程度とされています。

フランチャイズを選ぶ際には、料金体系や将来の資金計画を慎重に検討することが重要です。

5-2.フランチャイズの法的な規制

フランチャイズ事業を始める際には、法的な規制や義務を確認することも重要です。

フランチャイズ契約に関しては、フランチャイズチェーン本部と加盟店の間で締結される「フランチャイズ契約書」に基づいて運営されます。契約書には、加盟店が支払うべきフランチャイズ料やロイヤリティの計算方法、契約期間、契約更新・解約に関する規定などが詳細に定められています。フランチャイズチェーン側には、加盟店に対する適切な指導・教育を行う義務が課せられています。

一方で加盟店も、契約書に定められた品質基準やサービス水準を順守する義務があります。

フランチャイズ契約を結ぶ前に、法律の専門家に相談することをおすすめします。

5-3.フランチャイズの義務

フランチャイズ契約を結ぶ際、加盟店にはさまざまな義務が課せられます。

まず、フランチャイズチェーンが定める品質基準やサービス水準を順守することが大切です。商品の調達方法、レシピの使用、店舗設備の基準など、細かな規定が設けられていることが多く、これらを守ることでチェーン全体のブランドイメージを保つことができます。

次に、定期的な報告やデータ提供の義務があります。毎月の売上高や利益、来店客数といった数字を本部に報告する必要があるほか、アンケート結果や顧客のクレーム情報も共有することが求められます。これにより、本部は全体の動向を把握し、必要な支援を行うことができるようになります。

さらに、本部が実施する研修への参加や、新メニューの導入といった改善指示に従う義務もあります。フランチャイズは本部と加盟店が一体となって事業を推進していくことが大切です。

こうした義務を果たすことは大変ですが、本部のノウハウを最大限に活用することができ、安定した事業運営が可能になります。

6.まとめ

フランチャイズを始める際には、慎重な準備と選択が重要です。フランチャイズ料の相場や料金の決め方、加盟時にかかる諸費用、そして法的な規制や義務を理解することが必要です。

フランチャイズは自身の店を持つ魅力的な選択肢の一つですが、成功するためには事前の情報収集や計画が欠かせません。自身の事業計画とフランチャイズの条件を照らし合わせ、適切な判断を行いましょう!

弊社が提供する弊社はパーソナル独立支援コーチング「ビズクリアコーチング」では、

  • 起業したいけど、もう一歩踏み出せない
  • 起業のアイデアが決まらない
  • 自分に何が向いているかを考えたい

という悩みを抱えている人のための起業コーチングサービスです。

現在、無料カウンセリングを実施しています。本気で起業・独立したい方はぜひLINEからお申込みください。

投稿者

  • 石川泰

    東京理科大学を卒業後、株式会社IICパートナーズ、野村證券株式会社、SBIベネフィット・システムズ株式会社にて、年金数理、確定拠出年金にかかわる営業、監督官庁等との確定拠出年金法案の折衝業務など一貫して年金関連の業務に従事。その後、2021年に株式会社LIFE FABを立ち上げ、代表取締役に就任する。そのほか、SBI大学院大学にてMBAを取得。元プロボクサーとして1戦1勝1KOの実績も持つ。

関連記事



カテゴリー

人気記事ランキング

  1. フランチャイズ 起業・独立

    【脱サラ必見!】あなたにピッタリの働き方…

    起業の方法として、実店舗の自営業の…

  2. ピックアップ 起業・独立

    脱サラ失敗を防ぐ!起業成功の秘訣と身につ…

    リスクを理解し、十分な準備をすれば…

  3. 女性起業 起業・独立

    看護師のための起業ガイド:成功するマーケ…

    看護師の方で企業を目指している方必…

  4. 起業・独立

    起業が失敗しやすい人の特徴は?

    起業を夢見る人は多いですが、成功す…

  5. フランチャイズ 起業・独立

    フランチャイズ独立のメリットとデメリット…

    フランチャイズ独立を考える際、開業…

  6. 起業・独立

    起業成功の秘訣:2023年最新、成功しや…

    成功する起業の秘訣を紹介します。需…

  7. 起業・独立

    起業の勉強を始めよう!マーケティング・資…

    経営者として成功するためには、効率…

  8. おすすめ記事 フランチャイズ 起業・独立

    良いフランチャイズ本部の見分け方!

    良いフランチャイズ本部を見極めるポ…

border